妊娠・出産・育児の情報サイト


無痛分娩

f:id:akasuguedi:20160601094618p:plain

37週で出産しました。

痛みが怖くなったので無痛分娩を希望していましたが、出産する産院では、平日の昼間しか行なっていなかったので、計画無痛分娩を希望していました。予定日付近は夫の仕事が忙しく、立会えなさそうで、計画無痛分娩だと夫が仕事を調整しやすいというのもありました。

予定日が1月7日で、年末年始はできないので、計画無痛分娩をするなら、38週しかありません。37週の健診で子宮口が固い状態だと計画無痛分娩自体が出来ない可能性もあるそうで、36週の健診で、先生と助産師さんによく動くように言われました。それまでもヨガやビクスに通っていましたが、大掃除も頑張りました。

 

37週の健診の前日に夜ご飯を食べて、テレビを見ていたら破水してしまいました。動揺しつつ夫と産院へ向かうとそのまま入院することに。次の日の朝から陣痛促進剤の点滴を投入されました。

 

お昼ご飯を食べた後位から痛みがとても強くなり、痛いと泣いていました。麻酔をする事になったのですが、カテーテルが陣痛の痛みで上手く入らず、とても辛かったです。麻酔を入れてもらってからは全く痛みがなくなり、子宮口も一気に9センチまで開き、無事、夫に立ち会ってもらい、夕方頃生まれました。

著者:じゅり

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。