妊娠・出産・育児の情報サイト


妊娠発覚時と妊娠超初期症状と主人

f:id:akasuguedi:20160601094618p:plain

妊活として、基礎体温をつけはじめ、葉酸サプリを飲み、ルイボスティーを飲んで、体に良いもの食べていました。

思ったよりお金かかるなぁと感じました。

 

生理が来たと思って「ダメでした〜」と主人に報告すると「そっか〜なかなか出来ないって言うし、次頑張ろう!」て感じでした。

基礎体温は目立って下がっていなかったのですが「こんな体調の時もあるのねぇ」と気楽に考えていました。

 

けれど生理2日目になっても量が少なく全く増えていきません。基礎体温も下がっておらず、妊娠の可能性が出てきました。

毎日基礎体温を気にしてくれている主人に報告すると「マジでぇ!!(°▽°)」と返ってきました。

 

3日目は熱がある時みたいな感じでダル重く、皮膚がビリビリ。鼻と口の間が腫れていてイガイガしていました。体温計で測っても37度以下で生理も止まり、足の付け根が痛く、唾液がたくさん出て、情緒不安定になりました。

ネットで妊娠超初期症状を調べてみたら全ての項目に当てはまり、可能性が濃厚に!

 

生理予定日から1週間後に妊娠検査薬を試すと、バッチリ濃い線が現れました。主人が帰宅と同時に報告すると

「マジでーーー!(≧∀≦)これから頑張るわー!今からお父さんに電話するー!」

 主人はすぐに義父に電話しようとしたが、止めました。安定期まで待ってられなくて今報告したい主人と、胎嚢確認・心拍確認・流産考慮して安定期入ってから報告したい私。意見が違いすぎて揉めました。

 

結局は私の意見をのんでくれましたが、主人の会社への報告も嫌でしたが許しました。妊娠する前から主人にもっと妊娠・出産の勉強させとくべきだったと反省です。

 

次の日に病院へ直行。それっぽいのは見えたけど、お医者さんでも確認が難しいくらいの大きさでした。2週間後に来てと言われて改めて行くことに。

 

再度病院へ行くと、それっぽいものが大きく成長していて胎嚢・心拍確認できました。主人も付き添いで出産予定日も教えてもらい、家帰ってから2人で抱き合いました。

お昼ごはんは私の好きなハンバーガーランチ食べました。その頃にはつわりが始まって、気持ち悪く、食欲がなくなっていました。

 

子供作るぞ!と話し合ってから1回で妊娠できたことは奇跡だと思っています。もっと長期スパンで考えていましたが、こんな事もあるんだなぁ。

著者:あい

関西30代初マタ。

私→昭和生まれ・主人→平成生まれ

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。