妊娠・出産・育児の情報サイト


陣痛が腰痛のみ。破水から4時間半のとっても安産。

f:id:akasuguedi:20160601094618p:plain

予定日20日前。

この日の3日前に食べたものがあたったようで、明け方2回嘔吐してしまいました(苦笑)

16:00頃

布団でゴロゴロしていると、破水?尿漏れ?の感覚がありました。びしゃーという感じではないが、動くたびにわりと出るような感じです。

16:30頃

とりあえず病院に電話で説明すると「破水の可能性高いので、入院の準備してきてください」と言われました。

16:45頃

診察してもらうと破水と判明し、子宮口は1cm開いているという状態でした。このままお産に進めたいということになり、子宮口を刺激してもらいました。この時点ではまだまったく痛みはありません。主人にも連絡して、埼玉から山梨へ向かってもらいました。

17:00頃

病室に入ってわりとすぐ腰に痛みが出てきました。けれどまだLINEを返すは余裕ありました。

18:00頃

腰の痛みが急激にどんどん強くなり悶絶。どの体勢がいいか、もがき苦しみました。呼吸法をする余裕はなく、母に腰をさすってもらいました。まだ序盤でこの痛みだと、この後どうなるんだろうと心が折れそうになりました。

ほぼ休みなく痛みの波がきます。お通じを出したい感じ出てきてトイレに座るも出ず。赤ちゃんが下がってきているとのことでしたが、助産師さんもまだまだですよという感じでした。

19:00頃

かなり悶えてたけど、母もさすがにまだまだかかると思って、面会時間も終わりになってしまったので、母は帰宅しました。激痛だったけど、痛みはまだ腰だけだったので、これからお腹にもくると思ったら、また心が折れそうになりました。

トイレに座ってるのが一番楽な気がして、トイレにずっといてもいいか助産師さんに聞くと、一度内診してくれることに。子宮口5cm!進みが早い!いきみたい感じ強くなったら、すぐ教えてくださいと言われました。

痛み強すぎて、このペースでナースコールしてたらきりがないと思いつつも、すぐ押してしまう。もう一度診てもらうと、子宮口ほぼ全開!助産師さんも焦っているようでした。このまま分娩室行きましょうと言われました。

19:20

車椅子で、陣痛室をスルーして分娩室へ直行。分娩台へ上がります。分娩台上がってからは、意外と痛みは落ち着きました。点滴は脱水で入らず、助産師さんに「陣痛来ていきみたくなったらいきんでいいですよ」と言われるも、先生が「点滴が入らないから、まだダメ」と止められてしまいました。

スタッフ総出で血管を探してもらい、両腕から刺されました。血管探してる間に波が来ると、あー来てます来てます!と言う余裕はありました。点滴入るまでにたぶん20分くらいかかっていたと思います。やっと「いきんでOK」と許可がでましたが、いきみたいほどのあまり強い痛みがありません。笑

一応波が来たらいきんでみるも、長く続かず。コツを教えてもらいました。まだ聞いたり話す余裕はありました。赤ちゃんは元気ですかとか聞いていたと思います。「経産婦さんみたいな余裕ですね」と返されました。笑

何回か波に合わせていきんでみるも、あまり手応えはありません。このへんは正直、腰の痛みすらなかった気がする。上手くいきめずに苦戦。いきみが長く続かず、休んでばっかりですみませんと言っていました。

20:10

主人到着。早く進みすぎて間に合わないと思っていたので、うれしかったです!

少しずつ長くいきめるようにはなったものの、これでいいのかという感じ。でも助産師さんが、もう少しと言ってくれました。会陰切開の痛みは自覚がありました。助産師さんが口を広げてくれているのかな?ずっと指をつっこんでるのがわりと痛かったです。

20:20

次で出てくるかなと言われましたが、お世辞というか励ましで、全然まだな気がしていました。けれど次の波でふんばったら、気づいたら出てきていました!笑。ドゥルンという感覚はありません。泣き声は聞こえて、なんか信じられないうれしさでした。頭は長い!笑

すぐお腹の上で握手させてくれました。頑張って生まれてきてくれたことに感動です。

 

私はすぐ胎盤を出してもらいました。お腹を押されて結構痛かったです。そのあと縫合。イテテと言っていたけど、我慢できる程度でした。

先生に「初産でこの早さだったので、2人目のときは病院に来るタイミング考えたほうがいいですね」と言われました。

きれいにしてもらった赤ちゃんを枕元に連れてきてくれ、再び感動しました。主人は抱っこさせてもらっていました。

 

こんな感じで、破水から始まり、陣痛は腰痛のみでお腹の痛みがなかった出産でした。予定日より20日早かったですが、元気に生まれてきてくれて本当によかったです。とても早く進んだ出産でしたが、主人も間に合い立ち会えてよかったです。

著者:あいこぶぅ

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。