妊娠・出産・育児の情報サイト


陣痛の痛みよりも気になって

f:id:akasuguedi:20160601094618p:plain

出産前日(39週)の夜中にトイレに行くと、おりものシートがピンク色に染まっていて破水してることに気付きました。すぐに主人を起こし、病院に電話しました。電話の最中から生理痛のような痛みがジワジワしてきて、不安な気持ちのまま病院へ行きました。

 

しかし病院に着くと痛みが弱くなり、そのままお昼になりました。

シャワーを浴びて身体を温めたり、廊下を歩いたりと陣痛を促しました。便意があり、ふっと分娩時に便が出たらどうしようと心配になってしまいました。助産師さんに相談すると

「分娩中に便が出る事は赤ちゃんが産道を下りてきてる証だから、私達からしたら嬉しいことです」

と言われて少しは安心しましたが、やっぱり人前で便が出るのは……。

 

夕方になり陣痛が強くなり、いざ分娩が始まると痛みと共に便意が!!

我慢することが出来るわけでもなく、助産師さんの言葉を思い出し、もういいや!と自然に身を任せました。助産師さんは慣れているようで、サッと片付けてくれたみたいです。

立ち会い出産だったので、主人の前で恥ずかしかったですが(苦笑)

 

意外と主人は冷静で、助産師さんに「出ちゃったみたいです」と教えていました。便に気がいってる間に、あっという間に息子ちゃんが出てきてしまいました!便に気をとられたおかげなのか、安産だったからなのか、すごく楽な出産でした。

 

出産時の事は主人とは笑い話になりましたが、息子には聞かせたくない……。

でも、これはこれで良い思い出です!

著者:ナオコ

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。