妊娠・出産・育児の情報サイト


初産なのに「予定日超前倒し」&「スピード出産」

f:id:akasuguedi:20160601094618p:plain

37週1日目の6:30頃、強い生理痛のような腹痛で目が覚めました。

念の為間隔を測ってみるとおよそ6分前後。

「前日の健診では子宮口閉じてるって言ってたのに、予定日よりも早すぎる」

「大体12分間隔くらいで気付くのでは?」

「前駆陣痛…?でも目が覚める程の痛さが陣痛って助産師さん言ってた…」

いろいろ頭を巡らせるも答えは出ないので病院へ電話しました。

 

しばらく様子を見るよう言われたので、間隔が5分を切った頃、タクシーを呼び病院へ行きました。

最初は落ち着いているタイミングで入院準備等出来ましたが、5分間隔を切った頃から呼吸を整えるのに精一杯で何も出来なくなってしまいました。

 

病院へ到着した頃にはおよそ4分間隔。真っ直ぐ分娩台へ乗せられ内診。

ここでありがちなのが、

「子宮口全然開いておらず、何十時間もこの苦しみと戦うことが決定する」パターンと「これは前駆陣痛(=陣痛はもっと苦しい)なので家に帰りましょう」パターンかと思います。

正直前者はあり得ると思って覚悟していましたが、産科医が一言。「6cm」

続けて助産師さんが「もうすぐ会えますね〜」

今から出産するという実感がわいた瞬間でした。

 

そこから15分もしないうちに、いきみたい感覚も訪れました。

いきみ逃しが苦しい・辛いという声が多いですが、まさにその通りで、会陰が引き千切れてもいいからそのまま出したい!と思った程です。

 

さらに15分経過する頃には、絶対頭見えてる!と思うくらい赤ちゃんが降りてきてました。それに気づいた助産師さんが慌てて産科医を呼び出しました。

ここまで破水なしだった為、助産師さんに破水させてもらい、いよいよ分娩。身体から水分が飛び出す異様な感覚に、絶叫しました。

 

その後は3×3回のいきみくらいであっさり出産。

文章にすると楽勝に見えてしまいますが、陣痛も気にならなくなる程会陰が焼けたように痛く、汗と涙で顔はボロボロでした。

 

一息ついた頃時計を見てみると11:30。陣痛から5時間のスピード出産でした。

特に、病院到着からは1時間程度での出産だった為、家でもう少し様子を見ていたらと思うとゾッとしました。

 

これから出産を予定されている方、

「初産だから予定日より早まることはあまりない」

「初産だからお産は十何時間もかかる」

こんな言葉に惑わされず、いつもと様子が違うな?と感じたら、すぐに病院へ相談してください。

著者:匿名希望