妊娠・出産・育児の情報サイト


体重管理が難しい

f:id:akasuguedi:20160601094618p:plain

妊娠中は色々な体の変化がありますが、私が一番苦労したのは体重管理でした。

私は妊娠前は、体力づくり・ダイエット・ストレス解消と称して週4回ペースでジムに通っていました。食べる量はそれほど気にしていませんでしたが、運動していたおかげか、妊娠直前は人生で一番痩せている時期でした。そんな中待ちに待った妊娠!

それからの妊娠中の体重管理は、もちろんこのジムで絞った体重がベース。まずスタート地点からハードルが高かったのでした。

妊娠初期はつわりのせいで体重が落ちる人も多いと聞いていましたが、私は吐きつわりや食べつわりは全くなく、食欲はいつも通りでした。一方週4日通っていたジムを辞め、運動しない生活になった結果、あっという間にジムで絞る前の体重に元通り…。

 

安定期に入りやっと体を動かせる!と思った矢先、今度は少量の出血を伴う子宮の腫れが治まらず、切迫流産と診断されてしまいました。自宅で2週間寝たきりです。もちろん切迫流産と診断されたことは辛かったのですが、体を動かさず、でもごはんはしっかり食べて、さらに運動不足で便秘になり…という生活で、みるみる体重が増えていくのも心配でした。

この時期、体重増加がハイペースなために栄養士による栄養指導を受けることになってしまいました。しかし指導内容は、「甘いものや油っぽいものを控え、バランスの取れた食事を」という基本的なことのみ。…そんなことわかってるし気をつけてる(泣)!妊娠中だから仕方ないのですが、食べる量を減らせとももっと運動しなさいとも言われず、でも体重はあまり増やさないようにと。もともと食事制限より運動で体重管理をしていた私には難しい指導内容でした。

 

体調が落ち着いたころに、やっと1時間のウォーキングを始めました。予定日1ヶ月前から取得した産休時期には毎日できましたが、それ以前は仕事をしていたため週2回程度。しないよりはましだったと思いますが、後期にはどんどん体重が増加してゆき、付け焼き刃のような気もしていました。

 

あとこれは完全に私が悪いのですが、出産したら行けなくなる!と思い、外食が増えたのはよくありませんでした。食事自体のカロリーや塩分も高いのですが、外でノンアルコール&ノンカフェインの飲み物を飲もうとするとジュースしかなく、妊娠前には全く飲まなかった甘い飲み物の摂取量が確実に増えていたように思います。

 

結果的に、出産までに増えた体重は12kg。妊娠前のBMIからするとギリギリでした…。

思えば中学生のころから、大なり小なり人並みにダイエットを心がけていた人生でしたが、これ程までに真剣に体重管理をしていた時期はありませんでした。今となってはいい思い出です…。

著者:MU

もうすぐ2歳の女の子の母です。只今2人目を妊娠中です。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。