妊娠・出産・育児の情報サイト


「サッカーやめたい…」子どもの意思を尊重する大切さ by グラハム子

去年の4月の話です。
息子は年中になり、サッカーを習い始めました。なぜ数ある習い事の中からサッカーにしたのかというと、夫自身が昔やっていたからです。夫は前々から息子には是非サッカーをやってほしいと言っていて、まだヨチヨチ歩きの頃からマイボールを与えるほどでした。

 

そして年中になり、そろそろかな、と満を持してサッカーを始めました。
最初の数回は私も見学しました(その後はサッカーが終わりの時間になると親が迎えに行くシステム。幼稚園の後、そのまま幼稚園のグラウンドで練習していました)。同年代のお友達もたくさんいて、息子も頑張っていました。
f:id:xybaby_ope_02:20190417140347j:plain

年中も3学期になってからのことです。
息子がこう言い始めました。
f:id:xybaby_ope_02:20190417140415j:plain
息子は5歳になったばかり。まだ自分の思っていることを上手く言葉で表しきれません。
私も
「練習がいやなの?」
「先生がいやなの?」
「お友達がいやなの?」・・・
と、思いつく理由をひとつずつ聞いてみましたが、どれもイマイチピンと来ず・・・。とにかく「やめたい」の一点張りで、その理由をちゃんとは聞けませんでした。

その後、帰宅した夫にもこのことを言いました。
f:id:xybaby_ope_02:20190417140445j:plain
夫は明らかに残念そうでした。
私自身もサッカーは観る専ですが好きなので、息子がこのままサッカー少年になってくれたらなぁ…と思っていただけに、やっぱり残念でした。

f:id:xybaby_ope_02:20190417140514j:plain
ひとますすぐに決断するのはやめて、私も最近見学に行っていなかったので、息子が練習中どんな感じなのかを見に行くことにしました。

すると、まあ普通にみんなと一緒にやっていました。でも途中途中歩いたり、ぼーっとしたりしています。「一応やってはいる」そんな感じでした。

サッカーとは別に、息子はもう一つ「自分からやりたい!」と言った体操も習っているのですが、そっちと比べると意欲の差は歴然でした。

その後も何回も見に行きましたが、全部そんな感じでした。

 

そして3学期の最期の練習の時でした。

その日は幼稚園の修了式の日でもあったのですが、式が押してしまって、サッカーの時間が始まってしまいました。周りの子たちが「サッカー行きたい!行きたい!」と騒ぎ出す中、息子は全く言いません。

他の子たちは修了式の直後走って行きましたが、息子はまだ着替えず。サッカーが終わる時間になって、ようやくグラウンドに着きました。

サッカーもこの日が今年度最後の練習だったので、最後に記念撮影があったのですが、「行っておいで」と背中を押しても、息子は頑なに写りに行きませんでした。

その様子を見て(息子は本当にやめたいんだ)と、私の中での迷いはなくなりました。

 
問題は夫です。
夫のたっての希望でのサッカーなので、私がやめても良いと思う、と言ったらどう思うか・・・

おそるおそる言ってみました。「あのね、私もここ1カ月見に行ってたんだけど・・・やっぱりあお、意欲がないというか…こんな感じなら、やめてもいいかなって思ったよ。またやりたくなったらやればいいんだし」

すると夫は
f:id:xybaby_ope_02:20190417140820j:plain
正直、この反応が返ってくるとは思っていなかったので、びっくりしました。

f:id:xybaby_ope_02:20190417140900j:plain
あんなにサッカー推しだった夫でしたが、意外にもサッパリしていました。自分の理想もあったはずなのに、それを押し付けすぎず、息子の意思を尊重してくれたのだと思います。また、私のことも信用してくれていたのが嬉しかったです。

こうして息子は1年間のサッカー生活を終えました。
体力もついたし、チームワークも得られたし、とても良い経験だったと思います。


子どもが嫌がる習い事を続けさせるか否か、難しい問題ですよね。
わが家の場合はやめる選択をしましたが、頑張って続けることによって得られるものも沢山あると思います。今回、わが家は子ども本人の意向よりも、親の希望を優先してしまったなと反省しました。

親と子どもは別の人間だから、興味も特技も違うのは当然のこと。
子どもが自分の好きなことを、精一杯頑張ってくれたら良いなと思います。
私も夫も、ずっと子どもたちの応援団です。

 

 

 

 

f:id:akasuguedi:20161129082147j:plain

著者:グラハム子
年齢:30代
子どもの年齢:5歳と3歳

いたずらっ子で元気いっぱいな兄妹に振り回されているお母さん。堅あげポテトと甘いコーヒーが好き。 家族が寝たあと夜中にインスタグラム育児絵日記を描いています。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。