妊娠・出産・育児の情報サイト


「大したことなかったよ」友人の言葉を鵜呑みにして丸腰で臨んだ出産。話が違うやないかーーい! by mito

臨月に入り、卵膜事件も問題なく落ち着き、いよいよ出産か~と楽しみに思う反面、不安に駆られるのは出産。

今日は予想以上に陣痛に苦しんだ結果、直前で分娩方法を変更したお話です。

 

 

鼻からスイカとはよく言ったものですが
なんせ初めての妊娠、初めての出産。

どれだけ痛いのだろうと妄想は広がるばかり。
寝る前に検索を繰り返し、恐怖で眠れなくなったこともしばしば…(笑)

f:id:xybaby_ope_01:20190416105547p:plain

そんななか、高校時代の友人たち(子持ち)と集まった際、出産に恐怖を感じていることを打ち明けると意外な体験談が…

N美「みんな壮絶に語るけど、私、大したことなかったよー。
強がりとかじゃなくて本当に。そりゃ痛いには痛いけど、思ったより平気だった、
なんてゆーか生理痛のひどい時みたいな感じ?」

「えっっ?なんだって?たいして痛く無いだと?」

f:id:xybaby_ope_01:20190416105641p:plain

一同騒然。

 

確かに思い返せば高校時代、
生理痛といえば=N美と言うほど私たちの中では周知の事実であり、3年間同じクラスだったN美は月のものが始まると机にうつ伏せになり、カイロを持ち、腰にジャージやセーターを巻き、毎月青白い顔で毎月数日間過ごしていました。

生理痛とは無縁だった私には、何がそんなに辛いのか全く分からず…

f:id:xybaby_ope_01:20190416105749p:plain

「ほほう、生理痛の酷いレベル…」と呟く私に

「待って!全然そんなことないから!!超痛いから!!」

「そうそう!大げさに考えていた方が思ったより痛くなかったなって思えるし、
引き続き超痛いって思ってた方がいいからね!!!!」

「N美が特殊なだけだから!!!!」

と、N美以外の経産婦たちから必死の訂正。

 

しかし内心、
(うん、人によって感じ方が違うのかも!!わたしも痛さに結構強いし、
ひょっとしたら案外平気なんじゃない?)と物事をなんでもゆるい方向へ考えがちないつもの癖が…(とまぁ、お察しのように後で痛い目を見るのですが)。

f:id:xybaby_ope_01:20190416105854p:plain

そしてついに来たる39週

んんっ??

ついにキタキタキターー…
こっこれが陣痛か??

おしるしの翌日、ついにわたしにも陣痛がきました。


お腹…というより腰がとにかく
ずーんと重く…痛い

痛い!!

痛い!!!

痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い!!
えっ?!話が違う!
全然痛いやないかーーい!!


骨盤から下腹部からお尻から腰から痛いのなんのって…
こんなに痛いってことある?
陣痛の段階で笑っちゃうほど痛いんですけど!!

私、出産大丈夫??

f:id:xybaby_ope_01:20190416110036p:plain

「案外痛くなかった」という友人の言葉を鵜呑みにしていた為、
心の準備が全く出来ておらず、あまりの痛さに頭が真っ白。

とりあえず旦那は仕事で帰国できないし
私、出産大丈夫???(2回目)

 

こうして陣痛が痛すぎて結局子宮口が開ききるまでに2度嘔吐…

嘔吐しながら頭をよぎったことは
「N美の生理痛って…どんだけ…すげえよ、N美…」

彼女を尊敬しつつも、結局私は痛さに耐えきれず、
また前駆陣痛を含め陣痛が長すぎて母子ともに負担なのでと
促進剤+和痛分娩に変更してもらうことに。(和痛分娩の話はまたの機会に)

f:id:xybaby_ope_01:20190416110451p:plain

自分は痛さに強いなんてどの口が言ったものか。

とはいえ、やはり陣痛・出産の痛みにも個人差があるのだということを
身をもって知ることとなったのでした。

 

 

f:id:akasuguedi:20190109105944p:plain

著者:mito
年齢:30代
子どもの年齢:1歳6ヶ月

猫と息子とたまーーに帰ってくる旦那と暮らしています。ワンオペ育児でズボラになりがちですが呑気にゆるくブログも更新しています。

インスタグラム:@sitter_nico

ブログ:意識低い系妻のワンオペ育児

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。