妊娠・出産・育児の情報サイト


待ち望んだ初めての妊娠と酷すぎた悪阻

f:id:akasuguedi:20160601094618p:plain

2018年3月私はスポーツジムでスイミングのコーチとインストラクターをしていました。

3月いっぱいで辞める事が決まっていたので結婚して10ヶ月経つしそろそろ赤ちゃん欲しいねと夫と話していた矢先すぐ妊娠!

既に7週でした。病院で心拍確認出来た翌日。急な吐気に襲われました。最初は悪阻だ!赤ちゃんいるんだ!と嬉しくも思いましたが。日に日に酷くなっていき2週間で4キロ痩せてしまい、食べても飲んでも食べなくても飲まなくても吐いて。寝ていても寝ていなくても吐いて。とても外出出来る状態家事の出来る状態ではなくなってしまいました。

そんな毎日を繰り返していくうちに凄く凄くネガティブになってしまい、夫や家族に当たる日々でしたが、夫はとても献身的で夜中でもいつでも吐気に襲われてる私と一緒に起きて支えてくれたりなんとか食べられる物をと探してくれたり、悪阻のお陰で夫婦の絆は深まったと思います。

酷すぎた吐気悪阻なので妊娠検診では悪阻が無くなるまで尿もほぼ出ず毎回尿蛋白プラスで血圧も高めで不安な日々でした。

6ヶ月に入った頃急に悪阻が軽くなって今は妊娠9ヶ月に入る頃ですが便秘以外のマイナートラブルは特に無く穏やかに過ごしています。

悪阻の期間は本当に長く感じますが終わりが来ることを信じて乗り越えてほしいです。ちなみに食べられたものはそんなにないですが酸っぱい物や果物少しとってました!飲み物もそうです!水やお茶は吐いてしまうので炭酸系を飲んでました!口の中もスッキリするのでオススメです!

先生からは吐いてもいいから何か口にして飲み込む事を毎回言われました。。。気持ち悪い〜!って吐くよりかはあ!出ちゃう!って途中から吐くのが当たり前になっていったのでその領域までいくと少しはマシかもしれません。

著者:ゆう

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。