妊娠・出産・育児の情報サイト


歯医者さんのレントゲン。妊娠初期だけど大丈夫?

f:id:xybaby_post:20190324141537j:plain

私は結婚前に差し歯の治療をしていたのですが、いつ頃からか若干の痛みや違和感を感じ始めていました。

でも、1日中痛むわけでもないし、痛くない日もあったりしたので、そのうち行こうと思いながらも結局何ヶ月も放置。そうこうしているうちに妊娠したことが分かりました。

 

産婦人科を受診した際に「妊娠中は虫歯や歯周病になりやすい」と言われ、無料で歯科検診を受けられることを教えていただきました。

その時に歯が痛む話をしたところ、「それは絶対に出産前に行っておくべき!」とすすめられ、産後にまた忙しくなる前にちゃんと診てもらっておこうと思って受診を決めました。

産科の案内によると、「無料の歯科検診の利用はいつでもいい」とのことで、おすすめの時期は「妊娠初期つわりが落ち着き、大きなお腹で体勢が苦しくなる妊娠後期を避けた妊娠中期」と言われていました。

でも私はつわりが軽かったので、妊娠初期の3か月(8週目)頃に歯医者へ行くことに。

先生に差し歯が痛む話をすると、「レントゲンを撮ってみましょうか」とのこと。妊娠中にレントゲンして大丈夫なのかな…と少し不安になったのですが、先生がすぐに妊娠中のレントゲンについて説明をしてくれました。

レントゲンには「少量の被ばく」という認識があったので、妊婦としては抵抗がありました。でも、このレントゲンでの被ばく量は日常的に浴びている量と大して変わらないとのことで、数回なら特に問題ないそうです。しかも腹部や頭部などに比べると、歯のレントゲンはさらに被ばく量が少ないそうです。

私は先生の説明に納得ができたのでレントゲン撮影をすることに。この時は妊娠していることがわかっていたので、「専用のプロテクターをつけてレントゲンを撮りましょう」と言われました。

このプロテクターというのは硬くて少し重たいエプロンのようなもので、それを着けること以外は特に変わらず普通に撮影が終わりました。

妊娠の時期によって浴びても大丈夫な被ばく量は違うらしいのですが、数回のレントゲンでの被ばく量は微量なので、そこまで心配しなくても大丈夫なようです。

先生の方針では、どうしても不安な人には無理にレントゲンを勧めるということはしないそうなので、心配や不安がある場合は、レントゲン前に相談するのもいいかもしれません。

f:id:xybaby_post:20190324140058j:plain

著者:ひろ
年齢:34歳
子どもの年齢:5歳、3歳、1歳

5歳、3歳、1歳の3人の子供を子育て中の専業主婦です。主人とは年の差婚で、役割分担をしながらジェネレーションギャップを楽しんで子育しています。小さい子供3人を連れてのお出かけはなかなか大変ですが、親子で楽しめる場所を調べて遊べる場所を開拓中です。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。