妊娠・出産・育児の情報サイト


帝王切開をしてみたら、テレビで見たお産と大きく違った!

f:id:akasuguedi:20160601094618p:plain

帝王切開をしたのは、逆子が理由でした。

 

出産前日に返るという話も聞いていたため、苦しいのを我慢しながら前日まで逆子運動頑張りましたが、ダメでした。

反対の方が居心地が良かったみたいで母の願いは虚しく、当日まで返ることはありませんでした。

 

「帝王切開になるかも」というのは、早い段階から話があったので、帝王切開の場合の日にちは自由に決めることができました。

すなわち、自分が帝王切開を決めた日にち=誕生日です。

 

帝王切開の説明として以下のことを伝えられました。

切開方法は2つ。縦に切るか横に切るかということ。縦の方が傷跡も小さく安全であるということでした。傷跡はコブシ大で、背中から麻酔を入れるということ。

・麻酔は全身麻酔ではなく腹部から下のみの麻酔をかけるため手術中に切られてるとかいう感覚はあるが手も動くし頭はクリア。

・帝王切開後の抜糸は溶ける糸を使うため、再受診して抜糸等の手間が不要。

・帝王切開は立会いが出来ず、入院が普通分娩だと5日程だが帝王切開は7〜10日に。

・初日は赤ちゃんと部屋で過ごせないということ(うちの産院では。少しの面会は可能でした)

・初日はベット上で生活。2日目は部屋の中だけ歩いてOKでトイレも自分で行き、3日から部屋の外に出てもいい

・帝王切開後に麻酔が切れて痛みが出ることがあるため、痛みが強い時は機械のボタンをクリックすると麻酔が背中に入るようになってるということ(帝王切開後は背中に点々みたいに管が通してあって小さな麻酔の入った機械をポケットに入れて持ち運部タイプ)

・入浴は5日後ということ等の説明が早目にありました。

 全て「うちの産院の場合は」という前提がつく話なので、他の産院で帝王切開したママに聞くと少し処置や入院期間が異なるところもありました。(例えば帝王切開後の糸は普通の糸で抜糸の必要があった、切開は横だった、麻酔を自分で入れる機械とかはなかったなど)

 

 

当日、朝から早目に2本の点滴をし、2本目が終わる頃に手術室へ移動。

手術台へ上がり、横向きに。

背中に麻酔の注射をして、仰向きへ。濡れたガーゼを肌にあてながら「濡れたの分かりますか?」と確認しつつ、麻酔科の先生と看護師さんが麻酔が効いたのをチェックしていました。

 

それからしばらく時間があり看護師さんたちとお話ししながら先生を待ち、先生が来たらもう一度麻酔が効いてるかの確認をして、手術開始。

切られる、押される、お腹を広げられる感覚が何というか不思議にズーーンと感じます。

そして10分もしないうちにすぐ赤ちゃんが誕生!

普通分娩だと自分で産まれるというのが分かって赤ちゃんも準備して出てくるのに、帝王切開はあっけなく生まれてきて驚きました。

「産まれました!」という報告だけで、すぐに赤ちゃんは奥へ連れて行かれいろいろな検査をされていたようです。

検査が終わり、ようやく隣に連れてきてもらえて顔を見ることができました!

産まれてすぐに顔は見れなかったし、帝王切開陣痛もありませんでした。

生まれた直後にすぐ隣に赤ちゃんを連れてこられて感動して泣くというようなテレビで見ていた「出産シーン」とはまるで違っていたので本当にビックリです。

しかも、手術なのでメガネもコンタクトも無かったため、せっかくの赤ちゃんの顔もぼんやりしていてよくみえませんでした(笑)。

 

 

ちなみに手術後に一番大変だったのが、腰と腹部の痛み。

本当に痛みが半端なく、麻酔は1回も使わなかったのですが、ただおしっこをしたり、立ち上がる際に力を入れると「死んじゃうかも!」というくらい激痛が走って、トイレへ行くのも怖かったです。

それでも4〜5日も経つと、痛みはありつつもどうにか慣れてくるので、「慣れってすごいな」とひとりで感心してしまいました。

 

著者:チョキ★

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。