妊娠・出産・育児の情報サイト


切迫早産で突然の入院

f:id:akasuguedi:20160601094618p:plain

妊娠が判明した時、一緒に子宮筋腫があることも分かりました。ですが、先生が言うには、場所には問題ないので大丈夫だろうとの事。安心して妊娠生活を送っていましたが、21週になり突然激しい腹痛。ひどい時は立って歩けないほどで、仕事も休み、病院に行くと子宮筋腫が炎症を起こして大きくなっていました。妊娠中なので手術も出来ず、ひたすら痛みに耐え、腹痛が起こるとお腹が張って子宮頸管が短くなってしまうので動かず安静にしているしかありませんでした。私の場合は何日か腹痛に耐えながら生活していたせいか、子宮頸管が既に短くなっていて、出産まで入院&点滴をつないで張りを抑え、トイレ以外はベッドの上で安静にしておくという生活でした。出産予定日まであと4ヶ月、ずっとこんな生活が続くのかと最初はショックでしたが、赤ちゃんに会える事だけを楽しみに、4ヶ月耐え、結局予定日過ぎても陣痛は来ることなく陣痛促進剤で出産しました。元気な赤ちゃんが産まれてきてくれて、今では頑張って良かったと、いい思い出にもなっています。

著者:あさみ

切迫早産で21週から出産まで入院した話

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。