妊娠・出産・育児の情報サイト


ツラかった!切迫流産と仕事の両立

f:id:akasuguedi:20160601094618p:plain

不妊治療の末、妊娠が判明したのが妊娠5週目あたりでした。そこからだんだん気持ち悪いときが増えたりしながら、オエオエ(笑)と言いつつも、フルタイムの事務仕事を続けていました。

職場では中堅の立場なこともあり、残業も多く毎日22時くらいの帰宅でした。妊娠前と変わらない生活を続けていたある日、仕事から帰ると股が濡れているような気がして、家に帰ると、大出血していました!その時妊娠8週目、大きな血の塊も出てしまい、パニックに陥り、救急車で搬送されました。

幸い赤ちゃんは無事でしたが、切迫流産とのこと、入院か自宅で絶対安静(トイレ以外寝たきり)を余儀なくされました。それからの約2カ月間は、つわりで吐いてばかりで、食べ物はおろか飲み物も飲めず、脱水症状と貧血の症状も併発していました。

 

横になりながら、職場にメールにて現状報告、後輩には仕事の指示、全員には謝罪、などなどを、比較的体調が良くなる早朝に長文メールを携帯で作って、朝方に送るということも行なっていました。

心配してくれる親身な仲間もたくさんいてくれた反面、メールを無視してくる上司も一部いました。体調が悪いと気持ちも落ち込みめげそうになりましたが、家族の支えや、仲の良い同僚、あとは赤ちゃんの成長が何よりの支えとなり、現在18週を迎えることができました。

 

約2カ月の休職の後に仕事復帰してからも、人によって色んな反応がありました。正直冷たい人もいたりして腹立たしい思いもしたりしましたが、2カ月休ませてくれた会社に感謝をしながら、謙虚な気持ちで慎ましく仕事を再開しているところです。

 

仕事と妊活を両立している方はとても大変で、辛い思いもたくさんしているのだと思います。でも、わかってくれている理解のある方は必ずいます。

そういう方こそ、わめくことなくじっと見ていると思いますので、負けないでください。

著者:あっこ

35歳の18週の妊婦です。

フルタイムで働いています。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。