妊娠・出産・育児の情報サイト


地獄だった人生初のつわり体験!!

f:id:akasuguedi:20160601094618p:plain

 私の場合、妊娠中期の5~6ヶ月頃に吐きつわりが突然やってきました!吐き気&嘔吐が8~9ヶ月頃まで続きました。常に乗り物酔いの様な状態が続いていました。

妊娠初期は何ともなくて妊娠前と全く同じように過ごせていたので、自分はつわりは関係ないタイプなんだと勝手に思っていました...。仕事もしていたので、つわりが始まってからは、本当に毎日が地獄でした。

 

電車通勤だったのですが、途中で気分が悪くなり、途中下車してトイレに駆け込んで吐いてしまうことも度々ありました。電車の揺れと特有の匂い、人混みがダメだった様です。途中からタクシーで通勤したこともありました。

本当に辛かったです。仕事の休憩中はずっとトイレにこもっていました。ですが職場の方には沢山助けて頂き、涙が出るほど嬉しかったです。お陰様で出産の1ヶ月前まで勤務する事が出来ました。

 

もちろん家ではずっとトイレにこもっていました。夜の睡眠もなかなかとれず、眠りが浅い毎日でフラフラでした。家事はほとんど夫が率先してやってくれたので、とても助かりました。

 

食べ物もあまり食べる事が出来ませんでした。大好きだった白米もその匂いを嗅いだだけで吐き気がきたし、チョコレート等のお菓子も見ただけで気分が悪くなりました...。食べたいのに食べられない状態が続き、非常に辛かったです。

唯一食べる事ができたのは、「スイカ」のみでした。

(妊娠するまではめったに食べなかったのですが...。妊娠中は個人差もあると思いますが、味覚も変わるものですね。本当に、実感しました)

 

赤ちゃんの栄養状態が凄く心配でした。お医者さんにはお母さんが食べられるものを食べなさい、赤ちゃんの栄養は心配しなくてもは大丈夫だから言われ、気が楽になった事を覚えています。水分は出来るだけ摂るようにしました。カフェインなしの温かいものです。私は、白湯をよく飲むようにしていました。

お陰様でとても元気な子が産まれました!!

 

常に吐き気との戦いで食べられないつわりの乗り切り方は、出来るだけ人に頼って、自分は休める時に休んで少しでも寝ておく事です。

この時期は特に、体力を温存する事が大事だと思いました。

 

もうひとつ、夫を含め人の匂い(体臭やシャンプーや香水の香り等)が全く受けつけられなくなりました。自分のシャンプーや柔軟剤の匂い(化学的な香り)も全くダメになってしまい、嗅ぐと気分が悪くなってしまいました。

身に付けるものや家の中全てを無臭のものに変えたり、人混みではマスクにガーゼをはさんで3重くらいにして過ごしていました。

 

とてもとても辛かったのですが、人の優しさが身に染みたり、辛い時期を乗り越えてたくましさが身についたり(笑)自信になったり(笑)、夫もいつもより優しかったり(笑)と、経験して良かったと今では思います。

出産したらつわりで苦しんでいたことなんて嘘みたいに、すっかり元通りです。つわりは必ず終わりがくるものです。もし今つわりでとても辛いあなたも頑張って下さい‼本当に、心から援しています!!私の経験が誰かのお役に少しでもたてたら嬉しいです!

著者:もこ

一児の母です♪

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。