妊娠・出産・育児の情報サイト


妊娠するとこんなに眠いの!?強烈な眠気と闘った妊娠初期の経験談

f:id:xybaby_post:20190327140103j:plain
それは長男を妊娠したときのことです。

いつも生理が始まる1週間前から眠くなる体質だった私。妊娠が判明した月も最初は「眠い…もうすぐ生理がくるな」と思っていました。しかし予定日を過ぎても生理が来ません。

一週間経ち、10日経ち…眠気はあるものの一向に来ない生理。さすがにおかしいと思い、思い当たる節もあったので妊娠検査薬で調べたところ陽性反応。待望の妊娠に主人と大喜びしました。そして妊娠7週目頃から本格的な睡魔との闘いが始まったのです…。

生理じゃないならこの眠気は一体何だろう?その時の私は妊娠と眠気が全く結びつかず「??」な状態でした。そんな中でも日に日に強くなる眠気。移動中、仕事中…家の中ならまだしも、外に出ても何をしてもとにかく眠い!こんな経験は初めてでした。

 

ある日のことです。職場で立ち仕事をしていた私は睡魔に負けて一瞬眠ってしまったのです。そしてその時に尻もちをつき転倒してしまいました。念のため仕事帰りに病院を受診し、赤ちゃんの無事を確認しましたが、赤ちゃんに申し訳ないやら、不覚にも寝てしまった自分が情けないやらでとにかく気分はボロボロでした。

この時点でもまだ妊娠と眠気が結びついていなかった私は、職場でただ一人、妊娠したことを報告していた同僚の先輩ママさんに、このひどい眠気のことを相談。するとそのママさんも妊娠中は眠かったと教えてくれ、この異常な眠気はつわりの一種「眠りつわり」であることを知りました。

 

その後も思いつく眠気対策は試してみましたがあまり効果はありませんでした。でもこれが妊娠からきていることを知ってからは、少し気持ちが楽になったような気がします。

結局この眠気は安定期に入るまでずっと続き、仕事をする上でかなり苦労しました。でもこれは赤ちゃんからの「もっとゆっくり休んでね」というメッセージだと解釈し、主人にも理解してもらい休みの日は家事もせずにほぼ一日中寝て過ごしました。

結局は眠気に打ち勝つ効果的な対策が見つからず、異常な睡魔に振り回されながらも、なんとか気力で乗り越えることができました。そんな大変な中でも、妊娠することによってこんなにも体が変化するなんて、本当に神秘だと感じ、お腹の中の命が愛おしくなりました。

f:id:xybaby_post:20190327135709j:plain

著者:おしゃもじ
年齢:35歳
子どもの年齢:4歳、0歳11ヶ月

わんぱくすぎるお兄ちゃんとマイペースな弟、男の子2人の子育てに奮闘中のママです。ドタバタと忙しく過ぎていく毎日ですが、子どもたちと過ごす時間は何よりも幸せ!趣味は山登り、写真、アウトドア全般。子どもたちが大きくなったら一緒に登山をするのが夢です。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。