妊娠・出産・育児の情報サイト


プチ断乳から卒乳。私たちのペースでストレスなく。

f:id:akasuguedi:20160601094618p:plain

授乳は産まれてからあっという間です。

私はお子さんの栄養に問題がなく、お母さんが授乳が辛くなければ長く授乳しても何の問題もないと思います。

 

私の場合、息子が産まれて1ヶ月ほどした頃から母乳が順調に出始め、息子は一歳を過ぎてもおっぱい大好きっ子でした。

 

友達は母乳が出なかったり、職場復帰のため早くに断乳したので、一歳を過ぎての母乳育児は反対され、「もう一歳を過ぎると母乳の栄養ゼロだよ」なんて言われたときはショックでした。

 

確かに私の母乳育児は大変でした。

手術入院したときに搾乳して届けてもらったり、乳腺が詰まってとても痛かったり。

離乳食が始まるとあまり食べてくれなかったことや、夜間授乳で虫歯ができるのではと不安になったりと本当に様々。

 

それでも私は、無理に母乳をやめたくありませんでした。大好きなおっぱいを求めて、一生懸命飲んでいる息子がとっても愛しくて、授乳が本当に幸せだったからです。

 

そんな私たち親子の場合の断乳方法は、昼間の授乳を止め、そのうち夜の授乳も、最初だけになるよう回数を減らしました。

起きたらおっぱいで対応していたのですが、ぎゅっと抱きしめてそのうち寝ていくのを待ちました。

 

おっぱいを減らす代わりに、寝る前にたっぷりイチャイチャして笑、なるべく愛情をあげながら寝入るようにしました。

 

そしてそのまま寝付きもおっぱいを飲まなくなったので、卒乳です。

 

ちなみに断乳したら夜泣きがなくなるという話をきいたことがありましたが、うちの息子は普通に起き、その話は伝説と化しました(^_^;)

ただ、ぎゅっとしたり頭を撫でて寝ていく姿も授乳に匹敵するくらい愛しいものです。

 

母乳を止めた途端食欲が異常に増えてしまい、おやつを与えていないのに最近は丸々としてきました。汗

本当に育児は悩みが次々と出てくるのですね(^-^)

著者:めぐ

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。