妊娠・出産・育児の情報サイト


切迫流産を乗り越えて

f:id:akasuguedi:20160601094618p:plain

妊娠が分かった直後(8週目)くらい、職場の上司に報告して、急遽出張をキャンセルし産休中の仕事について考え始めた頃、職場のトイレで生理の様な出血がありました。ちょうどお昼休憩の時間だったので、急いで病院に電話し、安静にしてできれば病院に来るようにと言われそのまま休みを取って行きました。

その時はまだ出血している場所が分からないから、2週間は自宅安静、張り止めをもらって帰宅しました。いきなり自宅安静と言われ、頭はフリーズしてました。仕事を休まなくてはならないため、お医者さんから切迫流産の診断書を書いてもらい、職場に連絡しました。

 

出血がひどかったら時間外でも連絡して下さいと言ってもらえたので、その場は少し安心したのですが、次の日の朝また同じくらい出血し、夫と一緒に病院に行きました。その時に、絨毛膜下出血となってること、今のところ赤ちゃんは元気だがこのまま進むと流産になること、有効な治療法はなくとにかく横になってお腹に負担をかけないこと、などなど夫婦で説明を受けました。

お医者さんから最後に、お母さん頑張って下さい。と声をかけられ、赤ちゃんを守れるのは私しかいないんだ、と母としての自覚を痛烈に感じました。

 

それからの自宅安静の日々は今振り返っても妊娠中で一番きつかったです。

家事はできない、お風呂もシャワーで最低限、とにかくベッドで横になる日々。たまに下腹部に生理痛のような痛みがあり、これがお腹が張るっでことかと知りました。張り止めで頭痛や吐き気があり、気分も悪かったです。

横になってる間はひたすらスマホで切迫流産の検索をしまくって、余計に落ち込むの繰り返しでした。残念ながら流産された方の記事があれば、入院を乗り越えて出産された方、障害のある赤ちゃんを出産された方、ネットには色々な記事があり、落ち着きたくて調べているのに、結局不安になって気がついたら涙が止まらない状態でした。特に最初の1週間は出血がまだ続いていたので、トイレに行くのがとても怖かったです。出血があるたびに落ち込んで、夫に赤ちゃんだめかもしれないと泣きながらすがってました。

ひたすら家で一人でいる時間、仕事をどう続けるかばっかり考えて無理をしてたのかなと反省し、お腹の赤ちゃんに、我慢させちゃってごめんね、と泣きながら謝ってました。

 

1週間自宅安静をした頃から、徐々に茶オリが少し程度になって出血が止まり、気持ちも身体も少し楽になってきました。健診の時もらったエコー写真を見て、絶対にこの子を守りたい、とにかく次の検診でこの状態から抜け出そう、と気持ちを強く持っていました。

 

待ちに待った2週間後の健診で、くるくる元気に回ってる赤ちゃんが見れたときは、本当にほっとしました。

出血の原因が分からないからくれぐれも無理のないようにとお医者さんに言われ、私も今回は仕事の疲れやストレスが主な原因かもと反省しました。

それ以降、赤ちゃんを守れるのはお母さんしかいないことを肝に命じ、頑張らないように頑張る!をモットーに過ごしました。

自宅安静がとけ職場に戻った後、何人かの女性の先輩から、実はわたしも切迫になって大変だったの、と声をかけてもらいました。特に働いてるお母さんは多いみたいで、日頃から無意識に無理をしちゃうんだなと思いました。

著者:みくろ

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。