妊娠・出産・育児の情報サイト


もうおっぱいあげるのイヤー!

f:id:akasuguedi:20160601094618p:plain

待ちに待った出産。我が子との対面!

うちの子は、初産にして3728㌘のおっきな男の子でした。

そのせいで会陰切開の他に、中まで避けるという結果に。出産の辛さより産んだ後の処置の方が辛かったです

 

そんな我が子はおっきく生まれたせいか、ミルクや母乳を飲む勢いがすごく…常に全力で飲んでいました。

初めは母乳が思うように出ず、子どもは早くほしいと言わんばかりに泣き叫びながら海老ぞりになりおっぱいをバチバチと叩く。

こっちは必死にあげようと頑張るも、初めてのことで全然慣れず、うまくいかない。そうすると余計に怒りだし、もっと泣く…このやりとりをエンドレス。ましてや新生児の時期なんて、起きてる時はいつもミルクやおっぱいをあげるだけ。その他はずーーーっと寝てるし。。笑ってもくれない。

 

こんな感じで毎日を過ごしていると、母乳の時間が憂鬱になっていました。

無理にあげなくてもいいと言われるけど、あげないと張ってくるし、けどあげると泣き叫ぶし…毎日がストレスに。

 

そんな時友達に紹介してもらったおっぱいマッサージの先生に出会い、話を沢山聞いてもらいながらストレスも解消しつつ、こんな時にはこうしたらいいよとアドバイスをもらい…

練習するうちに親も子どもも慣れて、上手に飲めるようになりました。

そうすると段々と気持ちも楽になり、今では当時の辛さも忘れてきています(笑)

 

今でもその時のトラウマで少し気持ちが下がりますが、その時に比べれば何ともない!

今では嬉しそうに、笑顔でこっちをひょこっと見てきたりもします(笑)とても癒されます♪

 

親も子どもも日々成長!!!!と感じている今日この頃。

当時はきっとホルモンバランスも崩れてて情緒不安定な上に、初めてのことだらけで気持ちがいっぱいいっはいだったんだろうな…。今振り返ればそんな風に思います。

慣れてくるとどうってことない!

授乳に限らず毎日初めてのことだらけで慣れるまでは大変だけど、子どもがおっきくなるにつれてどんどん出来ることも増え、笑顔も沢山見せてくれる。

そうすると毎日大変でも頑張れる!

 

そんなこんなでこれからも子育て頑張ろうと思います。世の中の子育て世代のみなさん、一緒に頑張りましょうねー!(^^)

著者:匿名希望