妊娠・出産・育児の情報サイト


まさかの破水からの出産

f:id:akasuguedi:20160601094618p:plain

出産は親に似る可能性が大きいと周りに言われてたので、予定日より一週間くらい遅いかな〜と思っていました。

正産期に入り一週間ほどたち、いつも通りの3時のおやつの前にトイレに行きたくなりました。用を済ませておやつを用意しているとチョロっと出る感覚が...おしるしかな?と思いとりあえずとトイレに行きましたが、またチョロっと出る感覚...もしかして破水?!となりドキドキしながらもとりあえず大きいナプキンをつけ、旦那と病院に電話しました。

 

事情を説明すると「破水かもね〜、とりあえず一度病院にこれるかな?破水だとしたらそのまま入院だからセットもってきてね!お風呂は入らないでね!」と言われ、帰ってきた旦那とともに病院へ。(4時くらいかな)

 

リトマス紙のような紙をあてられ、「これは破水だね、入院しよっか。いままだ4センチしか開いてないから明日あたりかな〜」なんて言われ、分娩待機室へ。

チョロチョロと陽水が出る感覚は変わらずあるものの、陣痛も痛みもなにもなく旦那やお母さんと話しをしながら過ごし、夕飯も普通にたべられました。

 

7時半すぎくらいから、腰が痛くなり陣痛がはじまるも、まだ全然耐えられる痛みでした。時間はバラバラでお腹の赤ちゃんも変わらずずーっと動いていたこともあり、「明日の朝産まれれば良いね〜。体力勝負だから、寝れたら寝てね」なんて言われました。痛みはあるので寝れるはずもなく、お母さんと話し、痛みを紛らわしながら過ごしてました。

 

10時くらいになると痛みは強くなり、背中をさすってもらうとすごく楽でした。途中便意を感じ痛みに耐えながらトイレへ。トイレに行きスッキリしたからかなのか、ここから陣痛が一気に強くなり子宮口も7センチまで開きました。まだ間隔は少しあったので、その時に会話したりは全然できました。

 

日にちが変わったあたりから、急激に痛みが強くなり間隔もあまりなくなり...1時くらいに分娩台に移動しました。

分娩台に乗ってからは、いきみのがしが一番辛かったです。全身に力がはいり、いきみそうになるのに「ダメだよー深呼吸だよー」って言われ、「むりだよー!!できないよー!!」って騒いでたみたいです(笑)あとから、看護師さんに聞いたんですが、分娩台に乗ってから進みがより早かったみたいで、先生が到着して、すぐ産まれました。(2時10分)

産まれた時は、嬉しさと喜びと達成感と...もう色んな思いで号泣でした。

 

怖かった会陰切開も麻酔も陣痛の痛みで何も感じませんでした!

著者:あっち

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。