妊娠・出産・育児の情報サイト


褒められたお産

f:id:akasuguedi:20160601094618p:plain

予定日を過ぎた直後の深夜、高位破水からの出産でした。飛行機距離の里帰りだったため、立会希望の主人は予定日まで粘って泣く泣く帰宅していました。破水は主人が遠路遥々帰った30分後の出来事でした。

 

その後入院しましたが陣痛が上手くつかず、翌朝からずっと階段昇降やスクワットを続けました。主人がこちらについた15時頃に本陣痛がスタート。そこからは、痛さはあるもののほぼ寝ていて、あっという間に子宮口が9センチまで開き21時には分娩室へ。そのまま22時に無事に出産しました。

 

総じて痛いともあまり言わず、落ち着いて臨めました。助産師さんにとても褒められたお産となりました。

落ち着いたお産に何より効いたのは呼吸です。しっかり吸ってしっかり吐く。痛いときこそ自分が誘導して、自分のリズムで主人と一緒に深呼吸をしました。

 

一つ誤算だったことは陣痛中大半は寝て、分娩も落ち着きすぎていたため、主人に立会いながら「周りに聞いていたより辛くなさそう」と思われたことです。

著者:t_t_a

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。