妊娠・出産・育児の情報サイト


妊活すぐの妊娠、そして切迫流産

f:id:akasuguedi:20160601094618p:plain

会社で大事なプログラム作成、打ち合わせが終わりあとは納品のみ。納品後3ヶ月以内なら修正可能という時期に妊娠が発覚しました。

30代と言うこともあり半年以内に妊娠したらラッキーなんていう軽い気持ちでの子作りだったので、妊娠が分かったときは嬉しさよりもつわりとか無ければ良いなぁ、それだけでした。

なぜなら、導入されるプログラムの構成は半分以上私が決めていたからです。とても責任を感じていました。

 

最初の診察から10日後うっすら出血がありました。病院に電話するとすぐ来てくれと言われました。初期は安静にしてても流産するときは流産するけど、後悔したくないなら会社休んでくださいと言われました。

 

正直一晩悩みました。会社行っても行かなくてもダメなときはダメ。なら、報告後ダメになったら、余計会社に行きづらいじゃん?どうしようと…。

子作りしといて無責任な自分がいました。

周りからの反応ばかり気にして、せっかく授かった命を第一優先にできない私に主人は行きづらいなら辞めても良い。せっかく授かったんだから大切にしてほしいと言われました。私もその言葉で休む決心がつきました。

 

翌日の日中上司に報告したら

「分かった。医者のオッケー出るまで休め。プログラムの納品は体調よくなったらに伸ばしてもらうから」

と言われ休ませてもらいました。その後出血もおさまりましたが、張りが半端なく昼は仮眠室で寝ました。復帰も最初は4時間勤務にしてもらい、そこから少しずつ伸ばし1か月後からはフルで働きました。

 

無事プログラムも納品され、修正もして完璧になった36週から産休に入りました。産むまでには本当に色々あります。切迫流産で休んでいるとき、休んでいる理由を聞かれた同僚たちが切迫流産で休んでるとお客様たちに言ってしまい、復帰後からだ大事にしてねなど気を遣われました。

無事育ってくれたから良いものの、結果流産たったときは立ち直れなかったと思うし職場もやめていたと思います。

自分でどうすることもできないことなので、同僚たちの配慮もほしかったです。

著者:スティ

1児のママで育休中です!

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。