妊娠・出産・育児の情報サイト


低出生体重児かもしれない

f:id:akasuguedi:20160601094618p:plain

正期産に入った37週の妊婦健診。

診察室に入って準備していると、助産師さんが「もういつ産まれてもいい時期になったね~。陣痛ウェルカムだね~。」なんて冗談をかけられながら、私もワクワクしていました。

そして、先生が来て診察。すると3週間前より100g程度しか増えておらず、正常範囲を越えて小さめの推定体重が示されました。

今までも平均よりちょっと小さかったのですが、それでも一定の成長はしていたので特に問題なしでした。

念のため、とNSTを1時間やりました。不安でいっぱいでした。先生からは「数日後にまた再健診、胎動が減っていたらすぐに受診」と。言われ帰宅しました。

 

それから次の健診までは本当にドキドキしながら過ごしました。胎動がちゃんとあるかは、自分自身しか分からない。でも気がついたら、あっという間に時間が経っていたりして怖かったです。

それでも何事もなく、次の健診を迎えました。

エコーではたしかに小さめで、まだ低出生体重児の枠は越えてなかったものの、大きくはなっていて、前回は誤差も含まれてるでしょうとのこと。

ひと安心できました。

臨月になるとエコーでも誤差が大きくなります。一喜一憂してしまいましたが、もっとドンと構えていられるように成長したいなと思いました!

著者:みき

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。