妊娠・出産・育児の情報サイト


長かった…

f:id:akasuguedi:20160601094618p:plain

予定日が近づいてもなかなか出てくる様子のなかった我が子。

夫は海外赴任中だったので私は1人で毎日ドキドキしていました。だって鼻からスイカが出る痛みなんて未知の世界じゃないですか?

私の場合、予定日当日の朝トイレに行くとおしるしがありました。急いで夫に連絡をして帰国してもらうことにしました。病院にも連絡をすると「入院の準備をして来てください」とのこと。実家の母に産院まで連れて行ってもらい、すぐ診察へ行きました。

 

行く途中から陣痛が始まりましたが、まだ生理痛程度。破水はしてないものの子宮口は4cmでした。即入院。「点滴の準備をしますね〜」と助産師さんに言われてからが大変でした。私の血管はどうやら難しいらしく、助産師さんが4、5人トライしましたが失敗…最終的に産科の先生が来て2回目で成功しました。計9回刺されたらしいです。陣痛よりもこっちの方が痛かったような…(笑)

 

それからは5分おきだったり10分おきだったりバラバラの陣痛が続きました。痛みもふぅーっと深く呼吸をするとおさまるので意外と耐えられました。でも丸1日その状態…。微弱陣痛のようでした。本来なら帰されるところですが、点滴の件があったので入院でした。

 

温めるとお産が進むといわれシャワーにも入りました。夜は周りの皆さんは旦那さんがいるのに私は1人で痛みと戦いました。でも1人の方が気を遣わなくてよかったのかもしれません。慣れない場所だし眠くなると陣痛きて痛いし、近くの分娩室からは叫び声聞こえるし、あまり眠れるはずもなく朝になりました。

たまにモニターチェックに来てくれる助産師さんに今の痛みどのくらいですかね?と聞くとまだまだよ、と言われたのが恐ろしかったです。でも「痛いけどお産には必ず終わりがあるから大丈夫よ」と言われたのが心強かったです。

 

朝方、分娩室に移動して痛みが強くなってきました。いきみのがしにテニスボールでおしりを押してもらうのがとても良かった!!そこからなかなかお産が進まず促進剤を使うことに。痛み結構マックスの中承諾書にサインしなくてはいけなくて「こんな中書けるか!!ぼけ!!」と言いそうになりましたが我慢。

促進剤も効いて痛みもさらに強くなり、会陰切開して息子が誕生。約28時間でした。一番痛かったのは息子の肩が出る時だったようで、その時だけ「痛い!!」と叫んでいたと言われました。それ以外は静かに唸っていたみたいです(笑)

 

結局夫は間に合わず、実母に立ち会ってもらいました。ずっと手を握ってくれてとても心強かったです。私も疲れたけど母も中腰で疲れたと思います。息子が産まれた時は泣いてくれました。

そんな息子ももう2歳。やんちゃ盛りのかわいい男の子です。

著者:ひろママ

33歳2歳男児の母です。27歳で結婚。不妊治療に通うもなかなか妊娠せず、仕事を辞めたら自然妊娠。31歳で出産。妊娠中は妊娠糖尿病と診断され、食前食後の血糖値測定や食事制限をしていました。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。