妊娠・出産・育児の情報サイト


張り止め薬の副作用

f:id:akasuguedi:20160601094618p:plain

妊娠28週にて切迫早産の診断を受け、ウテメリンの内服が必要になりました。最初は一日三回一錠ずつ飲むようにと指示を受け、内服をしはじめました。すると副作用で動悸、呼吸困難感、手の震えが出現。特に私は動悸と呼吸困難感が強く、内服してしばらくはとにかく息が苦しくて座っているだけなのにぐったりしてしまうほどでした。

 

担当医に相談すると「一回を半錠に割って半錠ずつ内服にしてみて様子を見ましょう。ただし切迫早産の状態が悪化している様子があれば薬の量は増やさないといけません」と言われ、しばらくは半錠ずつ内服していました。

 

しかし切迫早産の状態は悪化、かなりの頻度でお腹が張るように。NSTと内診の結果からも、やはり薬の増量が必要になりました。そこから一日3回1錠ずつに戻り、さらに改善がみられなかったため1日4回へ。とにかく薬を飲んだ後は心臓がバクバク打って息ができないつらさに座っていられないほどでした。

赤ちゃんのため、と思いながら内服を続けていましたが、とにかく辛かったです。毎日赤ちゃんに「まだお腹にいてね、何度も何度もギュッと締め付けられて(お腹の張り)苦しいよね。ごめんね…」と話しかけながら一日一日を過ごしていました。

 

薬のおかげもありなんとか無事に生産期を迎え、内服終了の指示。

そして内服しなくなってからも高頻度でお腹の張りはありましたが、ぴったり予定日まで待って、元気な男の子が生まれてきてくれました。

著者:あすか

0歳、1歳の年子男の子ママ。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。