妊娠・出産・育児の情報サイト


2時間半で出産

f:id:akasuguedi:20160601094618p:plain

出産は思っていたほど壮絶ではありませんでした。

初めてのお産は10時間超えるとか、陣痛が来ても病院で待たされる時間が長くて大変とか、色々と聞いていました。どうなることかと心配でたまりませんでした。

しかし予定日を5日過ぎた夜中1時。

お腹を下してギュルギュルとした痛みを感じ目が覚めました。

下痢!?食当たりだったら赤ちゃんに申し訳ない!と心配しながらトイレに行くも、

ほとんど排泄は無し。

それでも腹痛はおさまらず、食当たりなのではと反省していました。何度もトイレに行きたくなりベッドとトイレの往復。

主人を起こしてはいけないと思いリビングへ行きました。そこでもトイレとソファへの繰り返し。

あれ、?と気づき、陣痛の時間をはかるアプリを試しました。

すると感覚は1分もなく、ずっと継続して痛いのです。歩いても四つん這いでも常に痛い。ひとりで1時間は我慢しました。

 

主人を起こして病院に電話。

着替えて支度を整えて病院へむかいました。

病院に着くと子宮口を見てみましょうと言われて分娩台へ。すでに全開で、すぐに出産になりました。

さすがにその頃には秒単位ですが波がはっきりとあり、主人に立ち会ってもらいながらのお産になりました。

分娩台にのぼって1時間くらいで産まれました。

なぜか馬の出産をイメージし、その通りにズル、ズルズルーっと元気な男の子が産まれてくれました!

 

あのまま我慢していたら自宅で出産になっていたかもしれません。

思っていたより短時間で出産となったので、あまり心配し過ぎても良くないのかなと感じたお産でした。

著者:Tomoly

2年ほど不妊治療ののち男の子を出産しました。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。