妊娠・出産・育児の情報サイト


高位破水。おりものと診断されて。

 

f:id:akasuguedi:20160601094618p:plain

37w2dで始めての正産期後の診察。院長先生からは「子宮口も柔らかくなっているのでいつ生まれてもいいですね」と言われました。赤ちゃんの体重が2300gしかまだないと言われていたので、産まれてくるのはまだ先かなぁと漠然と思っていました。

 

この日は予定もなく、いつもなら先伸ばしにするはずの作りかけのよだれ掛けやミトンを完成させていました。1日1回、1時間から1時間半が日課のウォーキングを普段は午後するのですか、なぜかこの日は午前中に終わらせていました。

そして2時過ぎに、これもなぜか「お菓子を作ろう」と滅多にやらないことをやり始めた矢先、ピシャッと水が出た感覚が。なんかおかしいと思いトイレへ駆け込む、と案の定薄い血に染まった水がチョロチョロ出ていました。

その時は何が起きたかわからずとりあえず病院に電話。至急来てくださいとのことだったため、ナプキンをつけつ陣痛タクシーにて入院荷物を持って病院へ行きました。この間約30分程度だったと思います。

 

病院に到着すると、助産師さんに破水検査を2パターンしてもらいました。反応は何もありませんでした。「おりものなので今日は帰ってもらって結構です」との対応されました。こんなことあるんだと思いながら、旦那さんに連絡し帰宅しました。

 

夜用ナプキンが一杯になるほどの水が出続けていましたが、おりものと言われた手前、不安はあれどまた病院に連絡するのもなと思っていました。

家に帰り、5時過ぎに何となく腹痛がありました。感覚も15-20分間隔のような気もしましたが、初産でもあったため、陣痛なのかわかりません。何となく痛いけど、と思いながら6時半頃シャワーに。7時頃風呂上がりソファーに座ると激しい痛みが5-10分間隔にかわっていました。

 

慌てて病院に電話し駆け込みました。これが8時頃。

診察の結果、高位破水との診断されました。あのときはおりものって言われたのに(;゚∇゚)と思いましたが、腹痛でそれどころじゃなくなりました。

病院到着時は子宮口2cmと言われたものの、1時間半で全開。5-10回ほどのいきみで出産することが出来ました!

 

2300gしかないと言われていた我が子も2600gを超えてしっかり産まれてきてくれました。実質4時間半ほどですべて空気を読んでくれた我が子に感謝です。あれ以上、陣痛は耐えられません。

ただ初産のためか会陰切開は避けられず、縫合後がかなり痛いです。立ち上がれない位でした。

 

まさか自分が破水から正産期に入ってすぐ出産することになるとは思っていませんでした。本当に驚きましたが、やはり迅速な対応とイレギュラーもあることを念頭に入れ、いろんな体験談を知っておくべきだなと実感しました。

こうやって母は強くなるんですね。産んだばかりで興奮してるのか初日はほぼ眠れません。日頃からしっかり睡眠を取っていざというときにぜひ備えてください!

著者:あゆ

初産

日々太るかもと思いウォーキングは相当していたので動きすぎが早い出産につなってしまったのかなぁと思っています。調整も必要ですね。

ただ、助産師さんの言うことさえ聞けば安全に我が子に出会えるので、これから出産のかたは頑張ってください!

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。