妊娠・出産・育児の情報サイト


妊娠初期のつわりがある時、上の子と一緒のおでかけとして良かった場所

f:id:xybaby_post:20190327115710j:plain
妊娠2ヶ月とわかった時、上の子供は0歳8ヶ月。

 

つかまり立ちが始まった子どもを遊びに連れて行きたいと思いながらも、つわりが始まったことで外出には二の足を踏んでいました。

子どもと2人での遠出に不安を感じていた頃、私がおでかけした場所を紹介したいと思います。

まずは近所の小さい公園です。

近所には公園が多く、幼児向けのブランコや芝生もあったため、天気がいい日はよく行きました。家から近いということで、もし体調が悪くなってもすぐに帰宅できるという安心感がありました。

 

また、児童センターにもよく遊びに行きました。

乳幼児のみの部屋もあり、大きな子どもにぶつかられる心配も少なかったので、安心して遊ばせられたのがポイントです。

スタッフさんの定期的な見回りもあり、子どもの様子を見てくれるのでとても助かりました。

公園も児童センターも、どちらも同い年くらいの子どもと触れ合えたり、少し年上のお兄ちゃん、お姉ちゃんは優しく頭をなでて一緒に遊んでくれたりと、子どもにとってはいい経験になったように感じました。

万一、私が急に体調が悪くなってしまったとしても、周りの人に助けを求められることも利点かなと思います。

 

 

しかし、時期によってはインフルエンザやはしかが流行っていて、他の子からうつってしまうこともありますし、私も妊娠初期でうつってしまったらおなかの子への影響が心配なので、児童センターのイベントや混雑しそうな日は避けて利用するように心がけていました。

もともと子どもが産まれる前から出不精な私ですが、子どもと一緒に家にこもってばかりいては、つわり育児のストレスでおなかの子にもよくないのかなと思い、体調や天気と相談してできるだけ上の子と一緒に外出するようにしました。

2人目が産まれてしまうと、上の子どもと2人だけの時間というのもなかなか取れなくなってしまうので、その前にたっぷり遊ぶことを大切にしました。

もちろん、無理してでかけると負担がかかってしまうので、疲れている時やつわりがひどい時は、家でのんびり過ごしていました。

 

 

育児と妊娠のつわりであっという間に1日が終わることも少なくなく、時間に追われる日も多いですが、上の子との時間を大切にしつつ、マタニティライフを楽しく過ごすように心がけました。

f:id:xybaby_post:20190327113902j:plain

著者:そら
年齢:31歳
子どもの年齢:1歳1ヶ月

1歳の娘を育児しながら、現在妊娠中です。毎朝、鏡で見る自分の体型が思った以上にお腹が出ていて、「産み終わったら絶対にやせよう」と心に誓い、妊娠生活を楽しんでいます。1人目の妊娠を期に、プログラマー兼SEを退職し、現在はやんちゃな娘に振り回されながら、育児に奮闘中です。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。