妊娠・出産・育児の情報サイト


赤ちゃんの大きさについて

f:id:akasuguedi:20160601094618p:plain

妊娠7ヶ月に入るころの健診で、赤ちゃんが週数に対して2週間分小さい、このままだったら大きい病院に転院してもらうことになる、と言われました。

元々妊娠初期から1〜2週間分は小さめ、ただ赤ちゃんの個性だし、私自身も小さく産まれ小柄だったので遺伝かぁ、くらいに思っていました。

なので、先生の言葉にショックを受けました。

その時先生からは、「とにかく安静に、休みの日はゆっくり休んでください」と指導を受けました。

確かに、正社員でフル勤務していましたし、仕事も立ったり座ったり…

休日は、産まれる前にやりたいことを!とばかりにゆっくりする休みなんてほぼ無かったと思います。

 

それからは【発育不全 入院】のワードを検索ばかり…

不安になる一方でした。

とにかく安静にしなくてはと、そこから1ヶ月は家事も夫に任せ、家にいるときはほとんど横になっていたと思います。

出掛けるのもスーパーへの買い物以外はほぼ出かけず…

ちょうど仕事も退職予定だったので、いいタイミングでした。

本当に寝てばかりだった!

 

それから2週間後の検診で、赤ちゃんが今までないくらいの成長を見せてくれました!先生からも、今まで動きすぎてたんだね、と言われました。

妊娠中は、とにかく安静に、身体を大事に、この言葉の通りなんだと改めて身をもって実感しました。

安定期なんてない、その通りです。

著者:らママ

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。