妊娠・出産・育児の情報サイト


双子の出産

f:id:akasuguedi:20160601094618p:plain

私は今年の3月に自然分娩で双子の男の子を出産しました。37週3日と双子にしてはなかなか持った方だと思っております。

出産の3週間前くらいに、一度おしるしが来て切迫入院となりましたが産まれる一週間前くらいには退院でき自宅で陣痛を待つことが出来ました。長女の時と同じような腰の鈍い生理痛のような痛みが朝の7時くらいにはじまりました。1時間程してもつづくので病院へ電話。

まだこれくらいの痛みじゃ産まれないだろうと思いながらも、病院まで1時間はかかるので長女を両親に預けたり家のことをして旦那と病院へ向かいました。痛みは強くなってはいたものの、まだ全然耐えられる感じで10時頃に病院到着。

内診をうけるとビックリ。子宮口が6.7cm開いてるよと。いつもの担当のDr.ではなかったため、あまり信じられない私でしたが助産師さんにあれよあれよと分娩台にのせられ出産の準備となりました。

 

陣痛中、友だちに子宝に恵まれるよう赤富士を書く予定だったのが全くそんな状況でなく...その後もスイスイと陣痛が進んでいき14時には長男、10分後には次男が産まれてきてくれました。長男は2860gそして次男は3234gと二人とも予想を超える大きさでした。

次男の測定をしてくれた助産師さんは若かったのでDr.が体重を確認し「3234gです!」と聞いた時、私はあまりの大きさに半信半疑でした。でも、3,000グラム越えの双子とのことでその場は一気に笑いと和やかなムードに。無事元気に産まれてくれたことに本当に感謝しかなかったです。

双子の妊娠は、やはり一人とは違う事が沢山あり大変な事もあったけど何より二子が無事なのか不安が大きかったです。陣痛中も心の中で何度も「双子よ、がんばれー、がんばれー。もう少しだよー」と。陣痛中でも、やはり元気な我が子を見るまでは安心できなかったのを思い出します。これが私の双子自然分娩記録でした。

著者:Momo

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。