妊娠・出産・育児の情報サイト


医者から「きっとこの子は育たない」と言われた妊娠初期…予想に反してたくましく成長!

f:id:xybaby_post:20190325224832j:plain

2人目を待ち望み妊活を始めて半年たった頃、妊娠検査薬に陽性反応がでました!主人に即報告し、2人で大喜び!翌日ルンルン気分でかかりつけの産婦人科へいきました。

内診が始まり1人目と同様に「おめでとう、妊娠してるよ」という先生からの言葉を待っていたのですが、診察が終わるまで終始無言。「え?なんで」と、とても不安になりました。

 

診察室に戻り、医師から告げられた言葉は「妊娠4週ですが、胎嚢以外に異物がある。きっとこの子は育たないから、処置をするなら早めにした方が身体の負担が少ないよ」。

おめでとうの言葉以外想像していなかった私は、頭から冷水を浴びせられた気分でした。

かなり動揺しつつも「その異物は何か解らないですか?」と精一杯声を振り絞り質問すると、「わからない。でもしばらくは経過を見たいから、1週間後にまた来てください」との返答でした。

やっとの思いで帰宅し、主人に報告。きっと大丈夫と信じよう!と話合い、不安と希望を持ちながら1週間耐え、再び病院へいきました。

エコー画像を食い入るようにみました。すると私が見ても解る程、心臓がチカチカしているのです。この子は負けずに生きてる!と、感激したのもつかの間、「今は心拍確認出来ますが、異物もあるのでやはり育たないでしょう」との言葉。

私は診察室で号泣してしまいました。帰宅後も主人に「この子は生きてるのに…。頑張ってるのに…」と、逞しく鼓動していた心臓の画像を思いだし、とにかく悲しくて仕方ありませんでした。

そしてとても憂鬱だったその1週間後の診察。しかし内診中に先生が「赤ちゃんが大きくなって、異物が小さくなってる。これはもしかするかも!」と、笑顔で報告してくれました。

私は嬉しくて、涙が止まりませんでした。この子は産まれてきたいんだ!強い子!私も強くなろうと心に決めました。

そして、8週目になる頃には異物は小さくなり、赤ちゃんはグングン成長、先生からも「もう大丈夫!良かったね!おめでとう!」と、待ち望んでいた言葉を掛けて貰えました。

その後の経過は信じられない位に順調だったのですが、妊娠8ヶ月の検診の時、心臓の三尖弁に逆流があるかも、慎重に診ていきましょうと言われました。

出産当日は小児科の先生が待機してくれ、産後すぐに心臓エコーで細かく診察して下さったのですが、結果は異常なし!

元気な産声をあげて泣いている娘を抱き締め、本当に嬉しくて嬉しくて、主人と共に号泣しました。命の尊さ、そして力強さを娘から教えられた妊娠でした。

f:id:xybaby_post:20190325224951j:plain

著者:さとこ
年齢:41歳
子どもの年齢:2歳、0歳

おっとりな兄とおてんばな妹、穏やかなパパとせっかちな私の4人家族です。2人の育児をしていると毎日があっという間に終わってしまい、子供が寝たらこれをやろう!と計画するも、一緒に寝てしまい、気がつけば朝という流れがパターン化している、忙しくも充実した毎日です。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。