妊娠・出産・育児の情報サイト


立ち会いしないと言っていた旦那

f:id:akasuguedi:20160601094618p:plain

里帰り出産で隣の県にいた私。出産予定日が正月付近だったこともあり、旦那が私の実家に来ていました。三が日あけて、なんだかお腹に違和感が。旦那がいるうちに産みたいと思い、積極的に散歩をしていました。その夕方、お腹の痛みが定期的に来るように。痛みは軽めの生理痛くらいだったが、間隔が10分切っていたので念のため産院へ。先生の内診の結果、子宮口も閉じているし、前駆陣痛ですらないと言われて撃沈。(笑)

実家と産院が遠いので、この日は念のため入院に。多分何もないだろうから、明日退院になるでしょう、とのこと。

 

もともと旦那は、出産は男が入らなくてもいいだろうと、なんだか昭和な感じの考えでした。

私は、命の誕生の瞬間を見て、何かを感じて欲しいなという希望がありました。

ちなみに、私の産院では、旦那は事前準備なく立ち会いが可能でした。

 

いったん入院になったものの、明日退院になるだろうということで、旦那も一緒に付き添ってくれた母も自宅に帰りました。でも、なんだか不安で私はそわそわしていました。この時、夜の9時くらいです。

いったん実家に帰ってもらった旦那ですが、やはり不安なので来てもらい泊まってもらうことに。

深夜12時、どんどんお腹の痛みが強くなりナースコールを押しました。助産師さんの内診で、子宮口が2センチ開いていました。

時間ごとに増してくる痛み…。旦那はまだ産まれないと思い、かなり楽観的。

部屋のソファーでイビキをかいて寝ていました。仕方なく旦那のイビキに合わせていきみを逃していました。

そして、明け方、子宮口は8センチに!

目を覚ました旦那に伝えると、そっかと呟き再び目を閉じる…おい!(笑)

慌てて起こし、実家の母に連絡してくれと伝えました。

(自分はお産の進み方を勉強していましたが、旦那に伝えていなかったので、これは反省点です。痛みで辛い時に色々説明せねばならず、大変でした。)

その後、破水し、あれよあれよと分娩室へ。気づいたら旦那も居ました。ここまで来たら分娩室まで付き合おうと思ったそうです。分娩室に入ってからは40分で出てきてくれました。

私は必死で、旦那の表情を見て状況を判断していたのですが、笑顔を浮かべていたので、きっと頭が出ているんだ!と勇気づけられていたのですが、後で聞いたら、私が分娩台にジャストフィットしすぎていて必死に笑いをこらえていたそうです。

そんなことを言っていましたが、色々感じることもあった様子なので立ち会ってもらって良かったと思います。

著者:たにあに

姑さんの孫フィーバーに引き気味のアラサーです。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。