妊娠・出産・育児の情報サイト


悪阻で変わった味覚との戦い

f:id:akasuguedi:20160601094618p:plain

熱っぽさ、胸の張り、お腹の痛み・・・生理前とちょっとちがう体調で妊娠に気付き、病院で妊娠確定を告げられて間もなく、悪阻が始まりました。

揚げ物、鶏肉、豚肉の臭いがダメで、ほとんど調理出来ず、ローストビーフや納豆巻き、スープ、キュウリやトマト、ゼリーや果物をよく食べていました。

大好物だったハンバーグを食べたら吐き気がして、好きだったお菓子も不味く感じて、ショックだった事もありました。

代わりにMacフライドポテトや日清カップラーメンが無性に食べたくなり、これまた無性に飲みたくなったすっぱムーチョや炭酸飲料と共に、週1回と決めて食べていました。

また、梅加工お菓子(梅しば)や茎わかめ(梅味)や酸っぱい飴を持ち歩き、お腹が空いたらつまんでいました。

4ヶ月を過ぎると次第に悪阻は軽くなり、揚げ物も出来るようになり、食べれる物も増えましたが、それまでは、何を食べれば良いのか、食べれるのかも分からず苦労しました。

著者:ゆか

臨月妊婦です✩*॰¨̮

夜勤もある、主人と二人暮らしで、34週里帰り出産しました❁.*・゚

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。