妊娠・出産・育児の情報サイト


妊娠する幸せ、喜び

f:id:akasuguedi:20160601094618p:plain

結婚してしばらくして何気なく 受診した産婦人科

特に何も問題はなかったのですが なかなか授かることができず ホルモン剤の注射、内服、タイミングと 次々とステップアップしていくも授からず。

不妊治療を始めて1年後ぐらいに人工授精に踏み切りました。

診察台に上がるたびに どうして私の所には来てくれないんだろう

こんな泣き虫な母親だから来てくれないのかな

みんなは愛する人と一緒になって授かるのに私はどうして痛い思いをしてるんだろう

今思い出しても とてもとても辛い毎日でした。

旦那さんも私も子供が大好きで早くパパにしてあげたいけどそれが出来ないわたしをとても後ろめたく思いました。 元々自分はとても明るく元気なのが取り柄なのにパニック発作を起こしたり 子宮を叩いたりとしてしまっていました。不妊治療には保険がきかないのでお金もどんどん積み重なっていきます。 人工授精2回失敗 生理が来るたびに トイレで泣いていました。

生理も規則的に来るタイプだったので排卵日も予想しやすいし どうしてここまでして妊娠しないのかと不思議なばかりでした。

そんな時父が肺がんステージ4ということがわかり早く孫を見せたい一心で次が駄目なら体外受精に踏み切ろうか…と思っていた矢先 人工授精3回目で授かることができました。

私は看護師をしていますがこの不妊治療中 夜勤を調整してもらったり、また、旦那さんの協力精神的な支えがあったこと いろんな人の支えがあって 今の妊娠があったと思います 。無事に父に孫の顔をみせることができ、今産後5ヶ月出産も大変でしたが 産後も 本当に本当に大変なのですが授かれたこと,元気に生まれてきてくれたことだけで私は胸がいっぱいです。 それ以上の宝物はないと思っています。

著者:tomoe

30歳女性

看護師

毎日笑ってすごせるような日々にしたいです(^^)

 

子♪5カ月女の子

布おむつ育児

旦那さん大好き

手作り大好き

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。