妊娠・出産・育児の情報サイト


嵐が過ぎ去るのをただ待つだけだったイヤイヤ期の朝を劇的に変えた神アイテム by 野原のん

こんにちは!野原のんです。

前回2人目の妊娠が発覚したお話をしましたが、発覚したのが1月。
春は悪阻で動くに動けず、周りに助けられながらなんとか悪阻を乗り越えた頃にやってきたいっちゃんのイヤイヤ期…。

そう。いっちゃんのイヤイヤ期は今のまさにこんな時。梅雨を迎えようとする頃にやってきました。

 

 

当時2歳直前のいっちゃんは何をするにも

f:id:xybaby_ope_01:20190614092626j:plain

常にこれ。何をするにもこれ。

かといって出来るかと言うと出来るわけでもなく…。
でも手を出すとイヤーーー!!!とひっくり返って泣き叫ぶという。

おかげで保育園の遊び着を着るのに1時間かかる事もザラでした。
そして当たり前のように靴を履くのも自分でやる!カバンも自分で持つ!でも上手く履けない!カバンも重い!思うように出来ない!うわーーーイヤイヤ―――!!!!と号泣コースへ。。。

 

ジメジメした季節に、なんとなく気分の晴れない悪阻終わり、、
暴れるいっちゃんを無理やり抱っこするというのも、安定期に入ったばかりとはいえ全力で叩く蹴るしてくるので少し気が引けて…

雨の降る音とジメっとした空気の中、玄関でひっくり返って泣いて暴れるいっちゃんをある程度落ち着くまでただとなりに座って見ていたのを今も鮮明に覚えています。

あの感覚って本当に「無」そのものだった…

 

そしてそれを旦那に言うと

f:id:xybaby_ope_01:20190614092750j:plain
と言われ、分かってる!それは分かってるし私だって思ってるけどでも抱っこしても落ち着くわけじゃないし…!!声をかけてもイヤイヤに拍車をかけるだけだし…!!でも旦那のいう事もわかる…っていう葛藤と自分でもどうしたら正解なのかがわからない辛さで苦しくなったり。

 

そんな中、ある日突然出会ったのです。

イヤイヤ嵐な朝をなんとか切り抜ける事が出来た神のアイテムと…!!

それがコレ!!

f:id:xybaby_ope_01:20190614092819j:plain

今まではカッパと長靴または抱っこ紐で雨の日登園していたし、傘は振り回したりして人に当たったり車に当たったりするのが怖くて持たせた事が無かったんです。

なので赤ちゃん用品のお店でも傘のコーナーはスルーしていたのですが、休みの日にふらりと立ち寄った雑貨屋さんでキッズサイズよりもさらに小さいおもちゃみたいなサイズの傘を発見!

雨を防ぐというよりもただ持つだけみたいな傘でとても軽く、何となくいっちゃんに渡してみたら大喜び!!

f:id:xybaby_ope_01:20190614092855j:plain

値段もかなり安かったので試しに買ってみる事に。

すると次の日の朝…

f:id:xybaby_ope_01:20190614092911j:plain

これは…やったぞ!!

さらに次の日もその次の日も…結果としてそこから梅雨の開ける夏前くらいまで、この傘パワーが発揮されていました!
雨の降っていない日も日傘の如く毎日さし続けていましたが。笑

そして夏になったら今度は保育園プールがあるよ〜と誘ってプールカバンを持ってもらうとスムーズに。

 

もうね、涙出ました。リアルに。

本当にイヤイヤ期って手がつけられないし、そこに妊娠も重なると自分もしんどくてイライラ

泣きたいのはこっちだよ!!!と何度思った事か。
そしてそうなるたびに後で後悔するんですよね。
何でイライラしてしまったんだろうって。

手探りだからこそ、先が分からないからこそ、1人目はいろんな事に親も一緒にぶち当たる。
そんな時期に、こういう発見が出来たのは私はラッキーだったなと今も思います。

 

なのでもし、同じような方がいたらぜひ試してみて下さい!
我が家の梅雨ならではのイヤイヤ期克服方法!

ちなみに傘は全く意味を成さないので、雨の日はカッパを着て傘をもたせてくださいね。笑

妊娠とイヤイヤ期がかぶっているみなさん、、ジメっとしてただでさえ過ごしにくいこの時期、あっちもこっちもしんどい中お疲れ様です。くれぐれも無理はなさらずに…!!

 

 

f:id:akasuguedi:20181104120200j:plain

著者:野原のん
年齢:アラサー
子どもの年齢:小4(長女)・小2(長男)・2歳(次女、三女の双子)

関西でフリーダムな子どもたちをフリーダムに見守りつつ、漫画やイラストを描いているオタク主婦。子育てのモットーは「気楽にいこうぜ何事も」

・Twitter :@non4nohara
・ブログ:それキツネやで!のんfour育児