妊娠・出産・育児の情報サイト


安産!でも想像を超える陣痛…

f:id:akasuguedi:20160601094618p:plain

私が娘を出産したのが39週3日目の朝でした。

早朝に破水し、なんと2時間45分の分娩時間で出産とスピード安産だったのですが、それまでの陣痛が想像していたものをはるかに上回る大変さでした…

というのも37週から深夜に数回前駆陣痛が始まりました。痛みは確かに生理痛のような痛み。継続的ではなく不規則な痛みを何回かというようなもの。その後、38週3日目の診察で子宮口1センチ開いていて、噂の内診グリグリを経験し、夜には初めてのおしるしが!

しかし、その日をさかいに前駆陣痛の痛みが増し、数日眠れないほどの痛みが続きました。この痛みが続くなら早く出産したい!と思う日々が続き、39週1日目の夜、10分刻み?と思われる痛みを感じたのでそのまま産院へ。

病院到着時、子宮口2~3センチ開いているとのことだったので朝には産まれるかな?なんて思っていたのですが、なかなか出産に繋がる陣痛が来ず…その後、33時間に渡り微弱陣痛が続きました。微弱陣痛とはいえ、陣痛は非常に痛いのでご飯もあまり食べられず、眠れずの状態が約1日半…本格的な陣痛に至っていないということで、全く想像していない展開となりました。約33時間の微弱陣痛に耐え、やっと破水し、無事出産に至りました。

自分の経験を通して思ったことは、出産は本当に体力勝負!ということです。

これから出産をされるみなさんはよく食べ、寝れる時はよく寝て、体力温存されることをお勧めします!

著者:匿名希望