妊娠・出産・育児の情報サイト


安定期に入った途端、インフルエンザに罹患…!

f:id:akasuguedi:20160601094618p:plain

辛いつわりが終わってようやく安定期!

マタニティライフを楽しむぞ!と思っていた矢先に喉の痛みと、37.3の微熱。。

「風邪ひいちゃったか、病院行くと色々感染しやすいし、自宅で安静にしてよ」と思ってました。

でも、寝てても一向に良くなる気配がなく、唾を飲み込むのも痛い喉、37.2から37.5℃くらいの微熱、悪寒、鼻水。。

熱が低めだからインフルエンザは免れたかなと思ってたけど、仕事に行くのもツライから、安全なお薬を貰おうと思って産科に電話してから通院。

微熱があるだけだったけど、念のため発熱者用の隔離待合室へ。

先客がおり、明らかに辛そうだったから、「インフルとか貰いたくないのに…」と離れて座ってました。

しばらくして診察。

念のためインフルエンザ検査して起きましょうと言われ、痛い鼻腔検査。

数分後再度呼ばれて、結果は陽性。

インフルエンザB型でした。

あまりのショックに言葉が出ず。。

調べてみたらB型はA型に比べて熱が低めなので風邪と間違われて受診しない人が多いから感染しやすいとのこと、、

私も過信して職場に行ってたら、会社にインフルエンザを撒き散らすところでした。

それもショックだったけど、それ以上に赤ちゃんに何かあったらと心配でいっぱい。

リレンザを服薬し自宅でとにかく安静。

その後、内科、産科、母親学級など、医者や薬剤師、看護師さん達に会うたびに、インフルエンザの影響が赤ちゃんにおきますか?と質問。

回答はほぼ全ての方々から、

・インフルエンザウィルスは赤ちゃんに移行しない

・1番注意は母体の高熱や重症化しやすいこと

・高体温が続くと羊水温が上昇して赤ちゃんが苦しいこと

 

ネットの記事もみたり、とにかく赤ちゃんが大丈夫かずっと気にしてました。

でも、ネットユーザーのママさんや、友人ママが、インフルエンザに罹患しても元気なお子さんを産んだ情報をたくさん得て、とにかく信じる事にしました。

現在は生後4ヶ月のママですが、出産時、現在ともに、すこぶる元気な女の子を育てています。

気をつけていても罹患してしまう事のあるインフルエンザ。

でも、自分を責めないで赤ちゃんの力を信じてあげて下さい!

自分を責めてストレスや興奮状態になるより、赤ちゃんを信じて心身ともに休める方が、赤ちゃんは楽になります!

著者:けいこ

不妊治療の末、ようやく我が子に出会えました!

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。