妊娠・出産・育児の情報サイト


排卵障害から妊娠まで

f:id:akasuguedi:20160601094618p:plain

結婚してから、半年間全く妊娠する気配がなかった私。旦那との付き合いも長かったので、結婚してからすぐ子供が欲しかった私はすぐ不妊治療する事を決意。

もともと生理不順で、結婚するまではあまり気にしていなかった。早速病院で検査したところ、排卵障害が発覚。卵が育ってない→排卵しない→生理こない。すぐ排卵させるべく排卵誘発剤をのむ。最初はうまく育ち、きちんと生理まできた。

そして次に、旦那の精子検査。タイミングとって翌日膣の中から精子を採取してもらい検査する簡単な検査。旦那は全く問題なし、という事で、次の周期に排卵誘発剤服用したが、今度は育たず。

すぐ注射に切り替えて2日に一回ほどのペースで筋肉注射。そしたら見事に二、三個育ち、今度はタイミング指導される。排卵日前日と排卵日にタイミングをとる。なんとタイミング法一回目で見事懐妊。

勇気を出して不妊治療にいって良かった。まだ若いけど、不妊の原因もすぐわかって、すぐ授かることもできた。まだ若いからとか考えずに、欲しい人はすぐ病院へ行って欲しい。

著者:ほしやん

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。