妊娠・出産・育児の情報サイト


ママににおすすめシューズ

f:id:akasuguedi:20160601094618p:plain

妊婦さんや赤ちゃんのお母さんの靴といえば、歩きやすいフラットシューズが定番ですよね。私も妊娠前はヒール大好きでしたが、妊娠してからはフラットシューズに総とっかえしました。

バレエシューズ、オペラパンプス、スニーカー、スリッポン、サンダル…フラットにしても色々な靴を揃えましたが、赤ちゃんが産まれてから履かなくなったのは意外にもスニーカーでした。

理由は、履きにくい&紐が解けるから!

我が家の玄関はアパートのため狭いので、靴を履くあいだに赤ちゃんを待たせておくスペースが無く、出かけるときは赤ちゃんを抱っこして荷物も持ってから靴を履いていました。なので、靴を履くときにはほとんど手を使えません。スペースがあったとしても、重い赤ちゃんやたくさんの荷物をいったん置いて、靴を履いてまた抱えて…というのも大変です。ここでスニーカーを履こうとすると、履き口を広げたりタンを引っ張ったり紐を整えたりと手を使う作業が多く、これが赤ちゃんを抱っこしながらでは地味に辛いのです。

また、歩いている途中に紐が解けると、赤ちゃんを抱っこしながらかがむのは大変!抱っこ紐を使っていると余計に危険です。

このような理由で、いつの間にかスニーカーは夫も一緒の時以外には履かなくなってしまいました。その代わりによく履いていたのがバレエシューズ等のフラットパンプスとスリッポンです。

パンプスは、履き口が広くて形もしっかりしているので、とにかく脱ぎ履きが楽でした。立ったままでも両手がふさがっていても大丈夫!多少ラフな服装でも、パンプスだと少しはキチンとして見えるのも便利でした。

ただパンプスだとお散歩や外遊びには向かないので、アクティブに動きたい時にはスリッポンを履きました。履き心地はスニーカーと変わりませんが、タンや紐を気にする必要がないのが良かったです。

ちなみに夏のサンダルはバックストラップやコンフォートサンダル、冬はショートブーツやムートンブーツが履きやすかったです。

お出かけの時のストレスがちょっとは減ると思うので、ぜひお試しください!

著者:MU

1歳の女の子の母です。夫似で男の子顔な娘ですが、最近やっとワンピースや髪留めを導入して女の子らしくなってきたので、おしゃれさせるのが楽しみです。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。