妊娠・出産・育児の情報サイト


妊娠性痒疹

f:id:akasuguedi:20160601094618p:plain

二人目の妊娠中からおなかや胸の辺りがかゆかったのですが、冬だったので乾燥が原因だと思っていました。

 

出産2日後からおへその辺りに、ぷつぷつと発疹ができはじめ、出産3週間でピークに達しました。おなか、背中、二の腕、ふとももに発疹ができ、ものすごいかゆみと発疹がどんどん広がっていく恐怖との戦いでした。

 

特に就寝時にかゆみがひどく、赤ちゃんが起きるより先にかゆみで目が覚め、我慢できず掻いてしまい後悔をするという毎晩でした。

対処法は、皮膚科で処方されたステロイドの塗り薬を塗る、保冷剤で冷やす、綿100パーセントの下着、服を裏返しに着る(縫い目や洗濯タグさえ刺激に…)ことでした。縫い目のない下着はよかったです。

皮膚科の先生に相談し、授乳を中断し、薬も飲みましたが、効いたのかはわかりません。母乳育児をしたかったので、1日に8回以上は搾乳していました。搾乳のおかげか、薬をやめた後は完母で育てています。

 

妊娠性痒疹という病気があることを知っていれば、もっと早く皮膚科にかかれたのにと投稿しました。

3人目もほしいのですが、妊娠性痒疹は私にとっては陣痛よりつらかったので、迷っています。

著者:ゆうき

3歳と10ヶ月の男の子のママです。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。