妊娠・出産・育児の情報サイト


逆子治らず予定の帝王切開。まさかのNICU入院

f:id:akasuguedi:20160601094618p:plain

妊娠中、なかなか逆子が治らず、38週2日で予定帝王切開でした。

手術日の前日に入院し、その日は手術の同意書の説明であったり、最終のエコー検査だったりをして、夫と「やっと出てくるんだねー」と話をしながら過ごしました。

 

そして当日。その日は手術が他にもあるらしく、私は1件目が終わってからの予定でした。点滴や洋服など準備は万端でしたが、予定の時間になってもなかなか呼ばれません。気持ちだけがそわそわ。やっと呼ばれ歩いて手術室へ向かいました。

手術室に入り、台に乗って色々と準備されていく中、ほんとに生まれるんだなー、いよいよだなーと思ってたら麻酔が始まり、足の感覚とかがなくなりました。手術中は助産師さんや麻酔科医の先生とひたすら話をしてて、手術が始まってそんなに時間が経ってないくらいに「赤ちゃん生まれますよー。お尻からでますねー」と言われ、ちゃんと泣くかな?と思ってたらうちの子は出てくる前にフライングで、ふにゃ…と声を出し、出てきたら「ふぎゃーーー」と大きな声で出てきてくれました。その瞬間は嬉しくて涙がでました。

 

赤ちゃんは小児科医の先生の所へ行き、私は後産で産科医の先生方に胎盤を押し出してもらい、全てが終わって赤ちゃんを胸の上で抱かせてもらいました。帝王切開の場合、赤ちゃんは1日保育器で過ごす予定だったので先に退室しました。

帝王切開自体は麻酔をするので痛みはなかったです。麻酔をする時に針を刺されますが私は平気でした。むしろ子供を出される時や胎盤を出される時に先生がお腹の上あたりからから押すんですがそれがなんだか苦しかったし、気持ち悪かった記憶があります。

 

産後は傷の痛みに関しては、痛かったら伝えて痛み止めはバンバン使う、と決めていました。硬膜外麻酔・内服・点滴からとほとんどの痛み止めを相談して使いました。離床も頑張って動いたので、助産師さんから「ほんとにしんどくない?無理しないでね?」と言われました。傷の痛みよりも悪露を出すために助産師さんにお腹を押されたのが一番辛かったです。

 

生まれた赤ちゃんですが、生まれた次の日の朝方、呼吸休止をして酸素の値が60台まで落ちNICUに入院となりました。その話を告げられた時は「え?どういうこと?なんで?」という不安と、ここは任せるしかない、という気持ちでいっぱいでした。総合病院にしておいてよかったと本気で思いました。先生の話によると、帝王切開で生まれてきた赤ちゃんはお母さんの産道を通ってこないので、その分呼吸が上手く出来ないのかもしれない、何かほかの原因がないかも調べたい、とのことでした。結局私が先に退院し、赤ちゃん2週間NICUでお世話になりました。その間搾乳を届けるために毎日通いました。今ではNICUに入ってたなんて嘘みたいに元気に育っています。

 

帝王切開の傷に関してですが、私はボンドと呼ばれるテープを貼られていました。そのテープを剥がしてもらってからはアトファインというテープを自分で貼って過ごしています。現在産後3ヶ月が経過して傷の膨らみは落ち着いてきました。痛みは時々痛むこともありますが、そういえば傷があった、という程度です。

 

費用は総合病院、保険が出たというのもあり最終的にはプラスになりました。赤ちゃんのNICU入院費用も高額医療費として申請したのでかからなかったです。

 

これからお産の方、色々と不安かと思います。帝王切開は緊急でなる場合も多く心の準備が出来ないこともあるかと思います。でも赤ちゃんに出会えた、そして今育児をしていく中でお腹を切ってでもこの子が生まれてきてくれてよかったと思えます。帝王切開だったから、傷ができたから辛いってことはないです。

これからお産される皆さんが無事に産むことが出来ますように。

著者:ちく

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。