妊娠・出産・育児の情報サイト


長かった陣痛とパパ立ち会い出産

f:id:akasuguedi:20160601094618p:plain

妊娠35週間近に、栃木から長野の実家へ主人に運転して貰い、帰省。実家で悠々自適な生活を送り、赤ちゃんには「出産予定日にパパが来るから、そしたら出てきてね」と言い聞かせる日々でした。

出産予定日前日に『お迎え棒』をして、主人と妊婦健診に行くと「子宮口が開いてきてますね」との事!

主人が明後日の朝までしか居れないので、明日生まれて欲しいと先生に話すと「では、おまじないしときますね」と、噂の子宮口グリグリをして下さいました。先生の腕が良かったのか、殆ど痛みも無く、診察後ランチや買い物を楽しんで居たら、2時間後からおしるしが!

 

その後もおしるしはどんどん増え、23:30から遂に陣痛らしき痛みが!急いで陣痛アプリではかりました。翌朝3:30に10分~8分間隔になり、出血も生理3日目位になったので病院へ連絡し、4:30入院。しかし、ここからが長かった・・・。

 

子宮口は8センチまで開いているのに、子宮口が奥にあり、赤ちゃんの頭の位置と合わず、出産体勢になりません。徐々に強くなる陣痛、降りてこない子宮口、生まれる向きにならない赤ちゃんに悩み苦しみ、翌朝2:30には疲れ果ててしまいました。

泣きそうな私を主人は励まし、こまめに水や飲み物を食べさせてくれ、背中をさすってくれ(背中をさすられるのは痛かったのでやめて欲しかったけど)・・・主人が居たから、辛い陣痛を乗り越えられました。

 

そして4:40強いいきみが出てきて、陣痛室へ。子宮口が降りてきたので5:00頃分娩台へ移動。破水させて貰うと、赤ちゃんの向きも直っていて、そこからは超スピード。いきむたびに赤ちゃんが出てきて、5:35に元気な女の子を出産できました!

 

「出産は昼頃になるかと思ってたけど、早かったね!」と助産師さんもビックリ!

妊娠後期から会陰にオイルを塗っていたからか、外は裂けず中に傷が出来ただけで軽い縫合で済み、少ししみるものの出産当日からシャワーも浴びれました。

産後は腰やお腹が思ったより痛かったり、骨盤がゴキゴキ言ったり、ビックリする事が多い日々ですが、我が子は最高に可愛いです!

痛みもなにも、吹っ飛んじゃいますね!(一人になると痛いけど)

 

皆さまが、どうか無事にご出産されますように・・・。

著者:ゆか

初産の妊婦です✩

陣痛と25時間戦いました!

予定日1日後に出産しました✩*॰¨̮

夜勤もある、主人と二人暮らしで、34週に里帰り出産しました❁.*・゚

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。