妊娠・出産・育児の情報サイト


妊娠初期から頻尿の症状が…。最初のうちはよかったけどだんだん辛くなってきました

f:id:xybaby_ope_04:20190715215433j:plain

f:id:xybaby_ope_04:20190715215452p:plain

私はもともとトイレが近い体質でした。紅茶やコーヒーを飲んだ後なんかはもう大変。用をたした直後にまたすぐトイレなんてこともあったくらいです。

当時妊娠中だった友達からも「そんなんじゃ赤ちゃんできたら大変だねー」と笑われていました。「お腹の中で赤ちゃんが大きくなって来ると膀胱が押されてトイレめっちゃ近くなるよ!」と。その時はそうなんだーと思ったくらいだったのですが、実際妊娠してみて実感しました。

 

私の場合は「赤ちゃんが大きくなってきたら」ではありませんでした。妊娠初期から、具体的には7週目頃から頻尿が始まりました。日中は気になる程ではありませんでしたが、夜中に尿意で数回目が覚めるように。

夜の水分を控えても変わりませんでした。これはホルモンバランスの変化によるものなのか?体に悪いものをどんどん外に出そうとする働き?いずれにせよ、赤ちゃんがお腹の中にいるってすごいことなんだな、体全体が普段とは違う動きをするんだな、と変化を楽しく感じていました。…最初のうちは。


毎日夜中に目を覚ますことが続くのは結構辛いものです。しっかり休んだ気がしない。でも辛いことを辛い辛いと思っていても仕方がないので、これは赤ちゃんのお世話をするための修業だと思うことに。きっと夜中に赤ちゃんが泣いた時に起きられるように、今のうちから体を鍛えているんだと(笑)。前向きに考えていて良かったと思いますが、結局夜中のトイレは出産するまで続きました。

 

夜中だけでなく、日中の頻尿もだんだんと始まりました。こちらは妊娠3ヵ月の後半からでした。家にいる時はいいのですが、外出した場合は常にトイレの場所を確認。近くにトイレがない時はソワソワしていました。

あと辛かったのが妊婦健診の時。順番待ちの間にトイレに行っておいても、自分の番の直前にまた行きたくなったり、内診中に尿意を感じたり。エコーの時は拘束時間が長いので特に大変でした。病院にいる間は常に尿意を気にしていたので、それによってよりトイレが近くなっていた気がします。あまり気にしない方が良かったですね。

つわり中や夜中など、トイレに行くのが辛い時もありましたが、我慢していると膀胱炎になりやすいと聞いたので、尿意を感じたらすぐ行くようにしました。幸い私は膀胱炎にはならなかったので、これが良かったのかなと思います。

よく妊娠後期は頻尿になると聞くのですが、妊娠初期から頻尿になることがあると自分が妊娠して初めて知りました。妊娠中はいつでもトイレが近くなる。今後はこう頭に置いておこうと思います。

f:id:xybaby_post:20190326090548j:plain

著者:きいろ
年齢:36歳
子どもの年齢:6歳、0歳11ヶ月

5歳差の兄妹の母です。久々の育児は記憶が薄れていて新鮮なことだらけ(笑)。でも二人目になるとやっぱり写真の枚数などが顕著に少ない…そのことに最近気づきあわてて撮りためています。年の差があると上の子も育児を手伝ってくれるので助かる!その分上の子にもっと愛情を注がないとと思いつつできていなくて、ジレンマを感じています。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。