妊娠・出産・育児の情報サイト


妊娠初期「少しなら無理しても大丈夫なはず」と思った矢先に出血が!

f:id:xybaby_post:20190327114313j:plain
妊娠がわかったのは2ヶ月に入った頃でした。

 

少しだるさやつわりはあったものの、上の子どもの育児や家事もあったため、「少しくらいなら無理しても大丈夫だろう…」そんな考えで、家事や育児を頑張りすぎてしまいました。

初めて産院を受診してから3日後、少しだけ下着に血の後があることに気づき焦りましたが、とりあえずトイレで深呼吸をして落ち着くように心がけました。

あいにく、その日は日曜日で産院はお休みだったので、ナプキンをつけてすぐさまネットで「妊娠初期 出血」について調べました。しかし、出てくる情報は

流産した」というものから、「心配いらなかった」、「少量の出血はよくあるものだ」、というものまでさまざま。

そして、「心配ならば病院に行ったほうがいい」というもので終わるものがほとんどでした。とりあえずその日は、育児も家事も最低限に抑えて寝室でできる限り横になり、次の日に産院に向かいました。

 

 

「大丈夫。自分に限って流産なんてしないだろう」「きっと心配のしすぎだ」。待ち時間中、なんとか不安な気持ちを落ち着かせていましたが、不安はどんどんと大きくなっていたような気がします。

名前が呼ばれ、診察してもらうと「初期流産しかけている」とのこと。その言葉に涙が出そうになりました。妊娠がわかってすぐは、「そんなにすぐに妊娠できると思っていなかった」「まだ実感がない」と思っていたはずなのに、お腹の子どもを失うかもしれないことに不安と恐怖を覚えました。

ひとまず、入院はいらないが3日置きに注射をしに受診してほしいということと、「家ではできるだけ安静にしてください」と言われ、そのことを旦那と両親に連絡しました。

「注射を打ってもらったから大丈夫なはず」「少し子どもを預かってもらって、安静にしていたらきっと大丈夫」と思わず口から出てしまった言葉は、私がそう言ってもらいたかった言葉なのかもしれません。それから自分の体調を見ながら、育児と家事と通院を無理しないように頑張りました。

3週間程度の通院で流産の危険性はなくなり、「もう注射もしなくて大丈夫」と先生から言われた時には、「頑張ってくれてありがとう」とお腹をなでて伝えました。

1人目の妊娠のときは、仕事もしていたのにあまり問題なく出産までこぎつけることができたので、「2人目も大丈夫だろう」と油断していたのです。そんな考えがお腹の子どもを危ない目に合わせてしまったととても後悔しました。

 

 

妊娠はとても神秘的なことで、何が起こるか誰にもわかりません。ちょっとでも「おかしいな」と思ったら、「1人目大丈夫だったから今度もきっと大丈夫」と考えず、体を休ませる、救急を受診するなど、すぐに対応しなければならないということをこの時に学びました。

f:id:xybaby_post:20190327113902j:plain

著者:そら
年齢:31歳
子どもの年齢:1歳1ヶ月

1歳の娘を育児しながら、現在妊娠中です。毎朝、鏡で見る自分の体型が思った以上にお腹が出ていて、「産み終わったら絶対にやせよう」と心に誓い、妊娠生活を楽しんでいます。1人目の妊娠を期に、プログラマー兼SEを退職し、現在はやんちゃな娘に振り回されながら、育児に奮闘中です。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。