妊娠・出産・育児の情報サイト


不妊治療を乗り越えて

f:id:akasuguedi:20160601094618p:plain

恐らくピックアップ障害ではないか?

妊活を始めて4年が過ぎ、いくつも病院を変え最後に辿り着いた病院で言われました。

この病院がすごく自分には合っていて、ここで体外受精に挑戦しよう!と決意しました。

体外受精までしたら、さすがに妊娠に繋がるだろう!ほかに原因もなさそうだし、1度で成功するだろう!そんな甘い考えでチャレンジした結果…14個も卵がとれたのに、正常受精したのは1つだけ…2度めはクロミッド刺激で1個、質のいい卵のはず!と期待は膨らみましたが受精すらしませんでした…

「受精障害」と言われ、途方に暮れました。

どうにか受精しても次は着床障害と言われるのではないか…どんどん人の手ばかりが加わり、ここまでする必要があるのだろうか?そんな思いも持つようになりました。

主人とは2人だけの生活を選んだらどんな事をしたいか?とよく話していたので、それも悪くないなぁ〜と思いながら最後1回挑戦してみることに。クロミッドと注射の両方で刺激し、5個の卵がとれましたがやはり受精は1個のみ…胚盤胞にもならず新鮮胚移植を行いました。

今回もダメだろうと初めから思っていたので妊娠判定の日も割と落ち着いて病院に向かいました。しかしまさかの陽性!初めての陽性!

いつなにがどうなるか…わからないです。

どんな状況でも妊娠する可能性はある!生命力ってすごい!と感じました。

妊娠判定が早かったので心拍が確認できるまで毎日不安でしたが、難しい状況でも私のお腹にきてくれた生命力の強い子!大丈夫!と信じて乗り切りました。もうすぐ4ヶ月、産まれてくるまで不安もたくさんありますが赤ちゃんを信じて毎日楽しく過ごしたいと思っています♡

著者:あやか

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。