妊娠・出産・育児の情報サイト


まさか帝王切開になるとは!

f:id:akasuguedi:20160601094618p:plain

9月に緊急帝王切開で第一子を出産いたしました。タイトル通り、まさか自分が帝王切開になるとは思わず大泣きしながらの出産でした。

 

始まりは破水から始まりました。

破水したら、7割くらいの人が24時間以内に陣痛がくると言われたのですが、私は翌々日になってもこず、促進剤を使うことになりました。

促進剤を使用して2時間ほどして、助産師さんに四つん這いになってください!と言われその通りに。ところが、すぐに右向きになってください!と言われ、ナースコールで先生と他の助産師さんを呼び出ししていました。何人か駆けつけて来たときにはただ事ではないと私も感じ、涙が溢れてきました。呼吸器をつけられて、助産師さんに励まされ、赤ちゃんの心拍数が下がっていたが無事に戻ったとの話がありました。

その後2回同じようなことがありました。促進剤による子宮の収縮が強いため、赤ちゃんが呼吸しずらくなっている可能性があり、あまり良くない心拍の下がり方だと言われ帝王切開が決まりました。

帝王切開が決まってからはあっという間に準備があれよあれよと進み、1時間半後くらいには無事に赤ちゃんが誕生していました。旦那さんの手を握り、大泣きしながらでも、無事に赤ちゃんが誕生したことへの喜びは今でも忘れません。

著者:なつ

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。