妊娠・出産・育児の情報サイト


立ち会い出産してもらって良かった!

f:id:akasuguedi:20160601094618p:plain

妊娠中、主人との会話でよく話題になったのが「立ち会い出産するか」でした。

 

「血を見るのが苦手」という主人、私も普段から出張の多い主人が、そもそもいるかわからないし、特に立ち会って欲しいと思っていませんでした。

 

しかし、主人と一緒に既に二児の母となった友達の家に遊びに行った時、旦那さんに熱く立ち会いを勧められて悩んでいました。

 

そして病院からの「立ち会い出産を推奨しています。同意しますか?」という文書に「いいえ」と答えるのが気まずく、とりあえず「はい」に丸をして提出し、当日無理だったらやめても良いねと話し合っておきました。

 

そして、出産当日*

 

土日だったこととあり、2日半かかった陣痛中もほぼ寝ずに全て一緒に過ごし、分娩室に入るときには、「やっと我が子に会える!」と当然のように立ち会いしていました。

 

そして、産み終わった直後、「○○(私)が死んじゃうかと思った、2人とも生きててよかった」と涙ぐんでいました。

それから、主人はできるだけ息子のお世話をしていますし、私の友達に立ち会い出産をお勧めしています。笑

主人も立ち会って良かったと言っていますが、私も本当に良かったと思っています。

 

初産ということもあり、想像以上に長丁場だった陣痛中。そして孤独感の溢れる部屋。主人が声をかけ続けてくれていなかったら、もっともっと辛かったと思います。いるだけで心強かったし、息子の誕生の瞬間を一緒に感動できて幸せでした。

 

もし2人目3人目となったら、その時は立ち会えない可能性が高いと思います。色んな事情がありますが、できることならば、一生に一回かもしれない奇跡を、立ち会って一緒に経験することをお勧めしたいです。

著者:いく

全国を出張で飛び回る夫。

2018年8月に第一子を出産

現在育休中です。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。