妊娠・出産・育児の情報サイト


妊娠初期にイライラが止まらない!出産のプレッシャーが辛い…

f:id:xybaby_post:20190326155728j:plain

妊娠中はホルモンバランスが崩れることから、様々なことが身体におこると聞きます。イライラしたり、気持ちが不安定になったりすることもその一つだとか。私も妊娠中はイライラしやすかったです。

特に初めて妊娠した時、妊娠初期の頃はつわりも相まってイライラが止まりませんでした。妊娠5週から始まった終わりが見えないつわりで、吐き気を抱えながら日々生活しなくてはならないことの苦しさ。お腹にいる赤ちゃんが無事なのかどうかまだ感じることができない不安。

 

そんな中、私が苦しんでいる横で夜中までゲームをやる夫に対して嫌悪感を持っていました。

更に、初孫で浮かれ気分の両家両親からの「〇〇はした方がいい」、「〇〇はしないほうがいいみたいよ」という助言や、「〇〇買っておいたから使って」という気の早いプレゼントも、無事に出産しなくてはならないというプレッシャーになってしまい、とにかくイライラしていました。

時には泣きながら、同じ親になるのになんでこの苦しさや不安を理解してくれないのかと、夫に気持ちをぶつけたこともありました。そして両親に対しても、出産に対してプレッシャーになるから体調が落ち着くまで放っておいてほしいと伝えました。

 

今となれば、普段なら気にも留めない夫の行動や私を気遣ったアドバイスやお祝いに、なぜこんなにも角を立ててたのだろうと思いますが、当時はそのように考える余裕がなかったのです。それだけ妊娠によってホルモンバランスが崩れていたということなのかもしれません。

それに加え、この先どうなるのか、お腹の赤ちゃんをちゃんと守ることができるだろうか、無事に出産することができるだろうか、という漠然とした不安とプレッシャーを常に感じていたことでピリピリしていたのだと思います。

 

この経験から、第二子を妊娠した時は予め夫といろいろな事を話し合いました。おかげで、夫が私の体調を気遣ってくれることも増え、過度な喧嘩をせずに穏やかな気持ちで過ごせることが多くなりました。

f:id:xybaby_post:20190326154536j:plain

著者:すずこ
年齢:28歳
子どもの年齢:2歳、0歳5ヶ月

里帰りなし!平日ワンオペ!年子の姉弟の育児に奮闘中の2児の母です。娘のイヤイヤ期に、息子の離乳食も始まって毎日ドタバタ!気付いたら寝落ちしていて1日が終わっているということが多々ありますが…近所に住むお友達に支えられながら毎日楽しく過ごしています!

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。