妊娠・出産・育児の情報サイト


出産、陣痛について

f:id:akasuguedi:20160601094618p:plain

私のはじめての妊娠は、

何も知らず何も考えずただただ"陣痛"というものをなめていました。

 

「痛いいうけどたいしてやろ」という感じで(笑)

 

予定日は7月24日。

待てども待てども陣痛はこず、本当に出てくるのだろうかと疑っていたころ

7月29日の朝にピリピリと痛みが。

なめていたにも関わらず、痛みに弱い私はそんな生理痛のような痛さでも手に汗をかくほどでした。

きっと内心緊張してたんだと思います。

 

朝の健診では子宮口はまだ1.5センチ。

本当だったら帰らされるところを、部屋が空いていたので様子見で病院にいることに。

今思えば部屋代が〜。笑

 

そこから長い長い。

 

皆さんが妊娠出産において、一番気になっているのは陣痛だと勝手に思ってますが、これはどんなに体験を読んだとしてもなんの参考にもならないです。

だってそんなことより痛いんです!笑

 

あと何回で、あと何時間で、

と考えるより

痛くて涙が出て声が出てもうやめてしまいたいと思っても

気長に待つしかないです。

耐える、というより 待つ、かな。と思います。

 

陣痛じゃなくただの腹痛でもそうですが

痛いと力が入ってしまいますよね。

痛いのを我慢するんですから。

痛いと息をとめてしまいますよね。

痛くない気がするから。

 

力が入るとなかなか赤ちゃんが降りてこれないそうです。

息を止めると赤ちゃんも苦しいとよく聞きますよね。

本当かどうかはわかりませんが

そう思うと息をしなければと思いますよね。

 

2人目を産んでやっと確信しましたが、

痛いのを受け止め何時間でもずっと深呼吸をしておく、

そうすると不思議と力は入りません。

自分の気持ちや心も落ち着きます。

 

おかげで1人目では1日かかって

声すら出なくなるほど叫んだ出産が

2人目では何も発することなく

落ち着いて出産することができ

4時間ほどで出てきてくれました。

経産婦というのもあるかもしれませんが

1人目と2人目では5年空いてます。

 

なんだかんだ体験談ではないかもしれませんが、残しておきます。

 

これから出産なさるかた、色々不安でいろんな方の体験談見ているかと思います。

ぜひ少しでも参考になればなと思い書かせていただきました。

頑張ってください、我が子は本当に癒しをくれる毎日です。

そしてなにより楽しい。10代のころは想像してなかったものが今ここにあると思います。

著者:まき

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。