妊娠・出産・育児の情報サイト


「安定期だから大丈夫」と思った矢先、熱中症で救急搬送に!

f:id:akasuguedi:20160601094618p:plain

妊娠中期(25週)での出来事でした!

 

安定期という安心感もあり、その日は久しぶりの猛暑だったにもかかわらず、朝から夕方まで野外のサッカー観戦をしてました。

帽子を忘れてしまったためタオルを頭に乗せて、お茶で水分を取りながらの観戦。ちゃんと水分を取っていたのですが、前日温泉に行っていたこともあり、体は脱水状態だったようです…。

「あれっ」と思った時には手遅れでした。

その場に倒れ込み、意識もうろう状態で呼吸困難になり過換気症候群になったため、痙攣も止まらず救急搬送。

あとから聞いた話だと、妊婦っていうだけで救急搬送先がなかなか決まらず、4ヶ所も断られたみたいです。

 

 

ようやく受け入れ先の病院が見つかり搬送され、点滴や採血などの治療を受けて回復。お腹の中の赤ちゃんも無事でした。

病院のベッドで目がハッキリ覚めたときは、とにかくお腹の赤ちゃんが心配でした…。

そのとき、ポコポコッと元気にお腹を蹴ってくれ、安心とともに、「ごめんね」という気持ちで涙が止まりませんでした。

 

 

妊婦は1人のようで、1人の体ではないことをどんな時でも忘れたらダメだと反省しました。

キツいときはキツいと言う勇気をもつ、妊娠前と同じだと思ってはNG。無理をしてはいけない、と改めて思った出来事でした。

 

著者:はる

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。