妊娠・出産・育児の情報サイト


陣痛タクシー

f:id:akasuguedi:20160601094618p:plain

主人は飲食業で普段帰宅するのが早くて夜11時頃で、都合が合えば立会い出産をする予定でいました。

私が通っていた産院は陣痛タクシーと提携(?)していて、一応登録をさせていただいていました。

陣痛タクシーというのは、先に住所や名前や予定日を登録しておき、陣痛が来た時に電話をすると、陣痛で呼んでいる事を理解した上でタクシーが来てくれるものです。

 

その日主人は半年に1回くらいしかない会社の飲み会で主催側だったので出席しなくてはならず、前々からこの日以外で産まれたらいいねーなんて話をしてました。

ですが夜の10時頃から数分おきにお腹が痛くなり、陣痛便秘気味だったのでその腹痛かモヤモヤしながらシャワーを浴びたりしていました。

夜11時半くらいを過ぎても数分おきの腹痛は治らず、痛みも徐々に増してる気がしたので病院に電話をしたら「一度来てみましょうか」と言われ、登録していた陣痛タクシーを呼び、病院まで行きました。

その時に主人にも連絡し、飲み会開始がまだだったので乾杯だけして帰らせてもらえたらしく、無事立ち会う事もでき、すごくいい思い出になりました。

主人が居ない時間が多い私には、陣痛タクシーというものは凄く助かりました。

著者:ぼう

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。